文字サイズ

滋賀文教短期大学

大学紹介

教員情報公開[令和元(2019)年5月1日現在]

教員紹介

神谷 昌史

所属学科/ 国文学科 教授 国文学科長 専攻分野/ 近代日本政治思想史、教育思想
学 歴大東文化大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程後期課程修了 博士(政治学)
主な担当教科基礎力プログラムⅠ(初年次教育)、基礎力プログラムⅢ、生命と人間、くらしと政治、キャリアデザイン、現代日本文化、日本史、教育原理、日本国憲法
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 「第一次大戦後の世界秩序と日本の「改造」-改造同盟とその周辺」武田知己・萩原稔編『大正・昭和期の日本政治と国際秩序-転換期における「未発の可能性」をめぐって』(思文閣出版、2014年)
  • 「『東亜新報』研究のためのおぼえがき―創刊期を中心に」『滋賀文教短期大学紀要』第18号(滋賀文教短期大学、2016年)
  • 「浮田和民の社会構想と教育思想―言論活動出発期から倫理的帝国主義提唱期まで」『滋賀文教短期大学紀要』第20号別冊「子ども学科教育研究論集」(滋賀文教短期大学、2018年)
  • 「『東亜新報』の編集局・論説委員について―『東亜新報』研究のためのおぼえがき」『常葉大学教育学部紀要』第39号(常葉大学、共著、2019年)
※詳細は https://researchmap.jp/kamiyam/

■ 社会活動等
  • 長浜市総合計画審議会委員(2015年6月~2017年3月)
  • 長浜市子ども・子育て支援推進協議会会長(2017年7月~現在に至る)
  • 第3回長浜市総合教育会議 講演「子どもの心を「耕す」日本語教育」(2019年1月15日、長浜市)

平井 むつみ

所属学科/ 国文学科 教授 専攻分野/ 図書館情報学、学校図書館学
学 歴同志社大学文学部文化学科国文学専攻 学士(文学)
主な担当教科基礎力プログラムⅠ(初年次教育)、基礎力プログラムⅢ、情報サービス演習Ⅰ・Ⅱ、情報資源組織論、情報資源組織演習Ⅰ・Ⅱ、学校経営と学校図書館、学習指導と学校図書館
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 『学校経営と学校図書館』(新学校図書館学Ⅰ)(共著、全国学校図書館協議会、2006年4月25日)
  • 『インフォメーション・パワー2:学習のためのパートナーシップの構築』(共訳、同志社大学学校図書館学研究会発行、日本図書館協会発売、2003年3月9日)
  • 「学習指導要領と教科書の変遷と学校図書館」(単著「同志社図書館情報学」第23号、同志社大学図書館司書課程、2013年1月31日)
  • 「学校図書館における読書教育の理念と方法―司書教諭養成の視点から―」(単著「滋賀文教短期大学紀要」第16号、滋賀文教短期大学、2014年3月20日)
  • 「連続公開シンポジウム『司書教諭資格付与科目の教育実践を検討する』第3回 『読書と豊かな人間性』記録」(共著、St.Paul‘s Librarian No.31 Suppl. 2016、立教大学 学校・社会教育講座司書課程、2017年10月31日)
  • 「地域の課題を共有した、短期大学と公共図書館との連携事業-POP・本の帯コンクールの実践-」(単著「短期大学図書館研究」第38号、私立短期大学図書館協議会、2019年3月)
■ 社会活動等
  • 京都教育大学司書教諭講習・講師(2010年度~現在に至る)
  • 京都府山城教育局 山城地方子どもの読書活動推進協議会 会長(2009年4月~現在に至る)
  • 彦根市図書館協議会委員(2015年度~2018年度)
  • 長浜市図書館協議会委員(2014年度~現在に至る)
  • 長浜市子ども読書活動推進会議委員(2014年度~現在に至る)
  • 長浜市産業文化交流拠点整備推進会議委員(2016年12月~2017年3月31日)

細田 あかね

所属学科/ 国文学科 講師 専攻分野/ 日本近代文学、明治詩、象徴詩
学 歴筑波大学大学院人文社会科学研究科博士課程文芸・言語専攻単位取得満期退学 修士(文学)
主な担当教科基礎力プログラムⅠ(初年次教育)、基礎力プログラムⅣ、役立つ文章表現、和歌、俳句、日本語学Ⅰ・Ⅱ、ゼミⅠ・Ⅱ、児童サービス論、児童文学
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 「北原白秋「浴室」の詩法」(『稿本近代文学』2011年12月)
  • 「幸田露伴「出廬」論」(『稿本近代文学』2012年12月)
  • 「北原白秋『邪宗門』における象徴詩法」(『茨城女子短期大学紀要』2015年3月)
  • 「北原白秋『邪宗門』の退廃美について-明治詩歌の系譜における位置づけ-」(『滋賀文教短期大学紀要』2016年3月)
  • 「北原白秋『邪宗門』最後期詩篇についての一考察―ジョン・レーヴァリー「月夜の渚」の受容をめぐって」(『滋賀文教短期大学紀要』2019年3月)
■ 社会活動等
  • 彦根市絵本読み聞かせボランティアスキルアップ講座 講師(平成30年9月、彦根市立図書館)
  • 読み聞かせに関する研修会 講師(平成30年11月、木之本まちづくりセンター、木之本塾)
  • 「子ども文化」に関する講演・実技指導 講師(平成31年2月、長浜北星高等学校)

池田 大輔

所属学科/ 国文学科 講師 専攻分野/ 日本古典文学(中古文学)
学 歴
  • 國學院大學 文学部日本文学科 学士(文学)
  • 駒澤大学大学院 人文科学研究科国文学専攻 博士後期課程単位取得退学 修士(国文学)
主な担当教科基礎力プログラムⅠ(初年次教育)、基礎力プログラムⅢ、視覚文化、日本文学史(古代~近世)、中古の文学、中世の文学、近世の文学、異文化コミュニケーション、ゼミⅠ・Ⅱ、日本理解Ⅱ
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
〈論文〉
  • 「『源氏物語』における手引きする侍女」『「記憶」の創生〈物語〉1971-2011』(翰林書房、2012年3月)
  • 「良清、惟光と大和の守-受領と夕霧の恋愛譚-」『『源氏物語』〈読み〉の交響Ⅱ』(新典社、2014年9月)
  • 「『源氏物語』語り手からの呼びかけ-物語のパフォーマティヴの力-」(「物語研究」第15号、2015年3月)
  • 「「罪さり」という他者への意識-『源氏物語』の罪の一考察」(「佛教文學研究」第19号、2016年2月)
  • 「『源氏物語』男性伺候者体系論序-名の支配と〈読者〉-」(「滋賀文教短期大学紀要」第20号、2018年2月)
  • 書評:池田節子著『紫式部日記を読み解く 源氏物語の作者が見た宮廷社会』(「物語研究」第18号、2018年3月)
  • 書評:吉海直人著『『源氏物語』の特殊表現』(「古代文学研究 第二次」第27号、2018年10月)
  • 「『源氏物語』伺候者体系論-「世に従ふ」男性伺候者/「まかで散る」女性伺候者たちの葛藤-」(「滋賀文教短期大学紀要」第21号、2019年3月)
〈学会発表〉
  • 「『源氏物語』における手引きする侍女-柏木の「語らひ人」小侍従を例に-」(日本文学協会第30回研究発表大会、於・フェリス女学院大学、2010年6月)
  • 「『源氏物語』に語られる侍女を視点として物語のパフォーマティヴを考える」(物語研究会第43回大会シンポジウム、於・奈良女子大学、2014年8月)
  • 「人物呼称と読者-『源氏物語』伺候者体系論序-」(物語研究会例会、於・学習院大学、2015年5月)
  • 「男性従者と侍女のあわい-源氏物語伺候者体系論序-」(古代文学研究会例会、於・中京大学、2018年4月)
  • 「小君というあわい-源氏物語伺候者論考-」(2018年度中古文学会春季大会、於・日本大学、2018年5月)
■ 社会活動等
  • 物語研究会事務局運営委員(2008年4月~現在)
  • 日本文学協会委員(2017年12月~現在)
  • 大学開放講座講師(滋賀文教短期大学、2018年5月~現在)

河合 恒

所属学科/ 国文学科 講師 専攻分野/ 日本近現代文学
学 歴國學院大學大学院 文学研究科日本文学専攻 博士課程後期 単位取得満期退学 修士(文学)
主な担当教科基礎力プログラムⅠ(初年次教育)、基礎力プログラムⅡ、役立つ文章表現、日本文学史(近現代)、現代の文学、近代の文学、女性文学、近現代詩、小説、ゼミⅠ・Ⅱ
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 「斎藤緑雨『かくれんぼ』における〈叙〉の意義」(「國學院雑誌」2005年10月)
  • 「欧米滞在以後の荷風の文章意識―「歓楽」を中心として―」(「日本文学論究」2006年3月)
  • 「村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」論―世界と共振する〈踊り〉―」(「國學院雑誌」2006年6月)
  • 「村上春樹とジャズ―言語相対化の様相―」(「國學院大學大学院紀要」2011年3月)
  • 『中村真一郎 青春日記』(共著、池内輝雄・傳馬義澄 編、水声社、2012年5月)
  • 「「レーダーホーゼン」の方法と重訳―村上文学の世界的受容をめぐって―」(「研究ノート・日本文学の地平へ向けて」2013年3月)

河村 悟郎

所属学科/ 国文学科 助教 専攻分野/ 文化人類学、社会学
学 歴
  • 慶應義塾大学文学部人文社会学科社会学専攻 学士(人間関係学)
  • 東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻文化人類学分野 修士(学術)
主な担当教科情報とコンピュータ
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 『「サッカーの熱狂」をめぐる人類学的考察 -情動・疲労・経営-』(修士論文、東京大学大学院、2018年度)
  • 『「サッカーの熱狂」をめぐる人類学的考察 -情動・疲労・経営-』(修論発表、日本文化人類学会関東地区研究懇談会博論・修論発表会、2019年3月29日)
  • 「サッカーと地域の関係性を考えるために -Jリーグ・湘南ベルマーレの熱狂を事例に-」(研究発表、日本スポーツ人類学会第20回大会、2019年3月22日)

前田 康一

所属学科/ 子ども学科 教授 子ども学科長 専攻分野/ 算数
学 歴
  • 滋賀大学教育学部 学士(教育学)
  • 滋賀大学教育学部教育専攻科(教育心理)修了
主な担当教科基礎力プログラムⅢ、教職概論、教育課程論、算数科教育法、特別活動の研究、生徒指導及び進路指導論、教職実践演習(幼・小)
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 主な教育研究実績
  • 小学校における学校の教育力を高めるための組織のあり方に関する研究 ―チームの力を生かした教育実践を通して―
  • 社会で生きて働く力を育む学級活動の指導のあり方
■ 社会活動等
  • 公益財団法人 長浜スポーツ振興事業団理事
  • 公益財団法人 長浜スポーツ振興事業団・スポーツ振興推進委員長

松本 秀章

所属学科/ 子ども学科 教授・副学長 専攻分野/ 政治学
学 歴
  • 大東文化大学法学部政治学科 学士(政治学)
  • 大東文化大学大学院法学研究科政治学専攻 博士課程前期課程 修士(政治学)
主な担当教科くらしと地域
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 「政党政治家大野伴睦の軌跡と政治理念(一)」(滋賀文教短期大学紀要 第13号、滋賀文教短期大学、2005年1月)
  • 「政党政治家大野伴睦の軌跡と政治理念(二)」(滋賀文教短期大学紀要 第18号、滋賀文教短期大学、2016年3月)
■ 社会活動等
  • 長浜市総合戦略アドバイザー(2015年1月~現在)
  • 田村駅周辺地域整備基本構想策定懇話会委員(2015年10月~2017年1月)
  • 田村駅周辺整備基本構想推進会議委員(2017年2月~現在)
  • 環びわ湖大学・地域コンソーシアム 幹事(2015年4月~2016年3月)
  • アウグスブルク市姉妹都市提携50周年記念事業運営委員会委員(2009年3月~12月)
  • 滋賀県吹奏楽フェスティバルin長浜実行委員会 委員(2017年5月~2018年7月)

松本 文夫

所属学科/ 子ども学科 教授 専攻分野/ スポーツ科学・コーチング科学
学 歴
  • 早稲田大学スポーツ科学部スポーツ医科学科 学士(スポーツ科学)
  • 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科 修士課程 修士(スポーツ科学)
主な担当教科体育Ⅰ・Ⅱ、体育科教育法
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 「ゴルフ競技における競技向上のための育成システムに関する一考察」
  • 「本学におけるタイ王国研修の実践と課題 ~保育士養成コース参加者に注目して~」(2014年、実践報告、共同研究)
  • 「大学教育における、体育科教育の実践報告-体育科目における学生間相互評価の活用-」(2018年、実践報告)

大橋 英子

所属学科/ 子ども学科 教授 専攻分野/ 幼児教育
学 歴聖徳学園女子短期大学 幼児教育学科
主な担当教科基礎力プログラムⅣ、保育内容(環境)、保育内容(言葉)、乳児保育Ⅰ・Ⅱ、保育実習指導Ⅰ・Ⅱ、保育実習Ⅰ・Ⅱ、保育実践演習
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 国立教育政策研究所指定教育課程研究指定事業 『学びと育ちを確かにつなぐ幼小の連携』 平成20・21年度~伝え合う力をはぐくむ環境や援助のあり方~
  • 「発達面での気になる子ども」の保育の現状と支援 -N市内の保育園・幼稚園・認定こども園への質問紙調査から分析するー」(共著:滋賀文教短期大学 紀要第19号 2017年)
  • 保育養成校における保育内容「言葉」の現状と課題 -授業アンケートをもとに指導の在り方を考える-(滋賀文教短期大学 紀要別冊第20号 2018年)
  • 保育内容「環境」の指導のあり方 -授業アンケートをもとに自然と関わる保育環境を考える- (滋賀文教短期大学 紀要別冊第20号 2018年)

■ 社会活動等
  • 滋賀県保育士・保育所支援センター事業 運営委員
  • 長浜市教育振興基本計画策定委員
  • 長浜市子ども・子育て支援会議委員
  • 長浜市社会教育委員
  • 滋賀県社会福祉審議会保育所審査部会委員
  • 滋賀県幼保連携型認定こども園審議会委員
  • 長浜市事務評価委員
  • 長浜市いじめ問題対策連絡協議会委員
  • 長浜市子育てサポーター養成講座 講師
  • 自尊感情・学びの礎育成プロジェクト事業 講師
  • 東近江市保育力アップ講座 講師

小林 雅彦

所属学科/ 子ども学科 教授 専攻分野/ 算数
学 歴滋賀大学教育学部 学士(教育学)
主な担当教科基礎力プログラムⅢ、キャリアデザイン、国語科概論、算数科概論、国語科教育法、道徳の理論と指導法、教育方法の研究、教育実習(小)
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 主な教育研究実績
  • 主体的・対話的で深い学びを育む国語科の授業づくり(滋賀文教短期大学紀要 第20号 別冊、2018年3月20日)
  • 「主体的・対話的で深い学び」のある授業―指導案を作るポイントと授業の方法―(滋賀文教短期大学紀要 第20号 別冊、2018年3月20日)
  • 体験活動をもとに自ら課題に取組み、共に考える道徳の授業(滋賀文教短期大学紀要 第20号 別冊、2018年3月20日)
■ 社会活動等
  • 長浜市立古保利学校 校内研究会講師(2018年6月29日、10月26日)
  • 長浜市立長浜北小学校 校内研究会講師(2018年11月21日)
  • 東近江市立湖東第一小学校 校内研究会講師(2018年6月27日)
  • 「東近江市主体的・対話的で深い学び推進事業」講師(2018年11月15日)

藤井 美津子

所属学科/ 子ども学科 准教授 専攻分野/幼児教育
学 歴修文大学短期大学部 幼児教育学科
主な担当教科基礎力プログラムⅡ、保育内容(人間関係)、保育内容(表現)、教職実践演習(幼・小)、教育実習指導(幼)、教育実習(幼)、教育実習Ⅱ、造形表現
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文
  • 滋賀県人権プログラム作成委員第4集 事例発表(2008年7月)
  • 幼稚園・こども園教育研究会 「滋賀の幼児教育」第48集事例発表(2016年3月) 
  • 「教育実習における自己評価と園評価から見る教育実習指導の検討」-客観的自己評価力の向上を目指して、教職実践演習につなげる-(2018年2月) 
  • 事例から学ぶ 領域 「人間関係」の実践的試み-人間関係から学び続ける保育教諭の養成を目指してー(2018年3月)
  • 幼児の表現活動を育む保育者の養成-指導法に関する実践的研究-(2018年3月)
  • 保育者養成校における表現指導の取り組み-授業の実践と学生の記録の分析から表現の深まりを目指して-(2019年3月)
■ 社会活動等
  • 長浜市子育てサポーター養成講座 講演(2012年10月)
  • 長浜市立さくらんぼ保育園 職員研修講師 (2018年2月 長浜市子育て支援課主催)
  • 米原市放課後児童クラブ支援員全体研修会講師(2018年10月 米原市子育て支援課主催)
  • 長浜市要保護児童及びDV被害者対策地域協議会委員 (2018年4月1日~現在に至る)
  • 長浜市教育委員会事務評価委員 (2018年4月1日~現在に至る)
  • 音読ボランティァぶんぶく所属 福祉施設等にて、音読・絵本読み聞かせボランティア
  • 高月小学校ボランティア寿限無所属 毎週金曜日絵本の読み聞かせボランティア
  • 朗読グループ「にじいろ」所属 朗読会 (2018年~年1回公演 長浜市後援)
  • ふりこシアターラボ公演朗読参加 (2018年10月)
  • P-act文庫朗読講演京都 (2011年~年1回公演 現在に至る)

平井 敏孝

所属学科/ 子ども学科 准教授 専攻分野/生活科
学 歴滋賀大学教育学部 学士(教育学)
主な担当教科基礎力プログラムⅠ(初年次教育)、理科概論、生活科概論、教育情報処理、教育制度論、理科教育法、生活科教育法、教育実習指導(小)
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■著書・論文・発表
  • 現行の教育制度の中でのいじめ問題の対応の在り方 ~学校現場における具体的対応のポイント~ (滋賀文教短期大学 紀要別冊第20号 2018年3月)
  • 新学習指導要領のもと、生活科の授業をより一層充実したものにしていくために ~具体的な授業のあり方や指導のポイント~(滋賀文教短期大学 紀要別冊第20号 2018年3月)
  • 理科における主体的・対話的で深い学びの実現を図る ~教師による理科学習の特質を生かした言語活動や表現活動の工夫をとおして~(滋賀文教短期大学 紀要別冊第20号 2018年3月)
■ 社会活動等
  • 滋賀県公立小学校 校内研究会講師(2018年11月2日、長浜市小学校教育研究会生活部会主催)(2019年1月30日、杉野小中学校主催)
  • 長浜市人権学習講師(2014年度~2017年度)
  • 文部科学省中央教育審議会生活科・総合的な学習専門委員会委員(2005年度~2007年度)

藤山 あやか

所属学科/ 子ども学科 講師 専攻分野/音楽
学 歴
  • 愛媛大学教育学部芸術文化課程音楽文化コース 学士(教育学)
  • 愛媛大学大学院教育学研究科音楽教育専修 修士(音楽教育)
主な担当教科基礎力プログラムⅣ、器楽入門、音楽Ⅰ(器楽)、音楽Ⅱ(音楽表現法)、音楽Ⅲ、音楽Ⅳ(器楽)、音楽科教育法
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文
  • 「短期大学における音楽アウトリーチ活動の可能性 − 日独親善交流音楽会での実践を通して −」(単著:滋賀文教短期大学紀要第21号 2019年)
  • 「ドイツにおける初等音楽教育の実際~JeKiプロジェクトの事例を中心に~」(全国大学音楽教育学会中・四国地区学会研究発表 2018年)
  • 「音楽科教育における鑑賞教材を通した授業づくりについて−主体的学びの実現に向けた指導法の提案−」(単著:滋賀文教短期大学紀要第20号 2018年)
  • 「ドイツの音楽科教育および「ムジークシューレ」について-シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州・アーレンスブルクの事例から-」(単著:滋賀文教短期大学紀要第20号別冊「子ども学科研究実践等報告集 2018年)
  • 「アクティブラーニングを用いた授業実践~ドラムジカを中心に~」(全国大学音楽教育学会中・四国地区学会研究発表 2017年)
  • 「海外日本語補習授業校の現状と展望 ~ ハンブルク日本語補習授業校の歴史を概観して ~」(共著:愛媛大学教育実践センター紀要第34号 2016年)
  • 「初等音楽教育のためのソルフェージュ ~ 読譜練習を中心に ~」(共著:愛媛大学教育学部紀要第63巻 2016年)
■ 社会活動等
 
愛媛県内での演奏会企画・演奏, ボランティア演奏

伊藤 孝子

所属学科/ 子ども学科 講師 専攻分野/社会科教育、幼児教育
学 歴滋賀大学教育学部 学士(教育学)
主な担当教科基礎力プログラムⅢ、キャリアデザイン、社会科概論、社会科教育法、保育内容総論、幼児理解と援助、家庭支援論
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 「『考える力』を育てる社会科指導のあり方-主体的・対話的で深い学びの実現に向けて-」(単著、滋賀文教短期大学紀要第20号別冊 2018年)
  • 「協同性の育ちと保育者の援助-深い学びの実現に向けて-」(単著、滋賀文教短期大学紀要第20号別冊 2018年)
  • 「保育士養成課程を有する大学における子育て支援活動-『ぶんぶんひろば』の教育的意義について-」(単著、滋賀文教短期大学紀要第21号 2019年)
  • 「体を動かすことを楽しむ幼児を育てる-保育内容「環境」の視点から-」(単著、滋賀文教短期大学紀要第21号 2019年)
  • 「保育の『しまい』を大切にする」(「滋賀の幼児教育」滋・幼・研 第47集 滋賀県幼稚園教育研究会 2015年)
  • 「『学びに向かう力』を育む」(「滋賀の幼児教育」滋・幼・研 第48集 滋賀県幼稚園・こども園教育研究会 2016年)
  • 「『主体的・対話的で深い学び』の実現に向けて」(「滋賀の幼児教育」滋・幼・研 第49集 滋賀県幼稚園・こども園教育研究会 2017年)
■ 社会活動等 
  • 長浜市・米原市・彦根市公立幼稚園・こども園 園内研究会・園内研修会講師
  • 滋賀県国公立幼稚園・こども園長会第5ブロック研修会講師
  • 滋賀県国公立幼稚園・こども園長会第6ブロック研修会講師
  • 彦根市幼稚園教育研究会全体研修会講師

橘 那由美

所属学科/ 子ども学科 講師 専攻分野/ 児童学、家庭科教育学、教育社会学
学 歴
  • 京都女子大学家政学部児童学科
  • 滋賀県立大学大学院人間文化研究科生活文化学専攻人間関係部門修士(人間文化学)
主な担当教科基礎力プログラムⅡ、家庭科概論、家庭科教育法、保育課程論、保育内容(健康)、保育原理、保育者論、保育実践演習
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 保育内容(健康)授業内容充実のための一考察―「シティズンシップ」と「ヘルスリテラシー」との関係性(滋賀文教短期大学紀要第20号別冊)
  • 「初等家庭」における製作活動の教育的意義―学生自身による製作実習計画の立案と修正に着目して―(滋賀文教短期大学紀要第20号別冊)
  • 保育者養成校における「保育課程論」の視点重視の授業方法の模索―演習科目「子どもの食と栄養」の取り組み―(滋賀文教短期大学紀要第20号別冊)
■ 社会活動等
  • 滋賀県保育協会主催 保育士等キャリアアップ研究講師 担当「乳児保育」(2018年度~)

片岡 祥

所属学科/ 子ども学科 講師 専攻分野/ 発達心理学、教育心理学
学 歴
  • 久留米大学文学部心理学科学士(心理学)
  • 久留米大学大学院心理学研究科前期博士課程人間行動心理学専攻 修士(心理学)
  • 久留米大学大学院心理学研究科後期博士課程単位取得後退学
  • 久留米大学大学院心理学研究科後期博士課程博士号(心理学)取得見込み
主な担当教科基礎力プログラムⅠ(初年次教育)、保育相談、カウンセリングマインド研究、保育の心理学Ⅱ、子ども家庭支援の心理学、保育の心理学
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 片岡 祥・園田 直子(2016).2つの恋人支配行動の生起メカニズムの違い 応用心理学研究,42, 40-47.【査読有】
  • 片岡 祥・園田 直子(2014).恋人への分離不安と愛情及び交際期間が恋人支配行動に及ぼす影響 パーソナリティ研究,23,13-28.【査読有】
  • 片岡 祥(2014).講義を用いた看護学生の職業的アイデンティティを高める取り組み―臨床場面を想定したロールプレイの効果の検討―応用心理学研究,40,56-62.【査読有】
  • 片岡 祥(2014).保育士を目指す学生が抱える不安と悩みの構造 応用心理学研究,40,102-103.【査読有】
*その他詳細は https://researchmap.jp/sho をご参照ください。

■ 社会活動等
  • 福岡県久留米市女性センターでの取り組み
    2008年から現在まで福岡県久留米市女性センター所属男女平等参画社会推進部会の会員として、幼児教育と性役割に関する研究や講演を行っている。部会の取り組みは市の助成を複数回に渡って受けており、広く一般市民を対象とした市主催のフォーラムを中心に研究報告や講演を行っている。 

近藤 真由子

所属学科/ 子ども学科 講師 専攻分野/ 子ども家庭福祉、ソーシャルワーク
学 歴
  • 京都府立大学女子短期大学部被服科
  • 龍谷大学社会学部臨床福祉学科 学士(社会福祉学)
  • 龍谷大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻 修士(社会福祉学)
主な担当教科基礎力プログラムⅣ、社会福祉、施設実習指導、施設実習、相談援助、子ども家庭福祉、社会的養護Ⅰ、社会的養護内容
主な教育研究実績 (論文・著書等)、 社会活動■ 著書・論文・発表
  • 「子どもの成長・発達を護る支援構築の研究-大津市子どもの健康・生活実態調査より(調査報告)」(共著、『滋賀県社会福祉研究』第21号、滋賀県社会福祉協議会、2019年2月22日)
  • 「無戸籍児支援の現状と課題―子ども家庭相談の視角から(研究ノート)」(単著、『龍谷大学社会学部紀要』第51号、龍谷大学社会学部学会、2017年11月)
  • 「地域における子ども家庭相談の支援者側の課題分析―支援の連続性を担保するために」(調査報告)(単著、『子ども家庭福祉学』第15号、日本子ども家庭福祉学会、2015年11月)
  • 「子ども家庭相談におけるソーシャルワーク実践の課題―担当者の状況を中心に(口頭発表)(単独、第62回日本社会福祉学会、2014年11月30日)
  • 「相談援助実習を履修した学生の意識調査についての一考察―学生の変化に着目して(論文)」(単著、『龍谷大学社会学部紀要』第45号、龍谷大学社会学部学会、2014年11月)
  • 「子ども家庭相談の現状と課題―市町村におけるソーシャルワーク実践を中心として(論文)」(単著、『龍谷大学社会学部紀要』第42号、龍谷大学社会学部学会、2013年11月)
■ 社会活動等
  • 大津市立小中学校いじめ等事案対策検討委員会委員(2018年1月1日~現在に至る)
  • 滋賀県無戸籍者支援事業に関わる活動(2016年4月~現在に至る)
  • 子どもをまん中に置いた地域づくり事業(滋賀県社会福祉協議会)にかかるコーディネーター(2018年6月~2019年3月)