文字サイズ
facebook公式アカウント
Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
LINE公式アカウント
国文学科

国文学科

国文学科

入学者受け入れの方針(学科が求める人物像)

入学者受け入れの方針(学科が求める人物像)
1 日本語、日本文学・文化、司書資格など本学科での学びに対して意欲・関心を持っている人〔意欲・関心〕
2 日本語、日本文学・文化、司書資格など本学科で学ぶための基礎学力を持っている人〔知識・技能〕
3 目標に向かって課題を明らかにし、改善に向け主体的に取り組む意欲を持っている人〔主体性・課題発見力〕
4 自身の考えを客観的・論理的に表現する力を身につけたい人〔思考力・判断力・表現力〕
※2021年度に変更予定のものです。

学びの3つのポイント

学びのポイント1
1 文学、文化、言葉を学び、感受性と知性を磨く
日本の文学、文化、言葉を学ぶことで感受性を磨くとともに専門的な調査や読解を行って確かな知性を養います。
学びのポイント2
2 グループワークでコミュニケーションスキルを磨く
グループで一つの目標達成を目指すことで、集団における自分の役割の意識、コミュニケーション力が確実に身につきます。
学びのポイント3
3 司書としての専門性を磨く
さまざまな講義・演習、図書館現場の見学やインターンシップなどをとおして、司書という専門職として高い意識と知識、技能を身につけます。

コース紹介

日本文学コース

日本文学コース
文学をとおして、世界や自分を知り豊かな教養を身につける
古典から近現代までの日本文学や文化・言語などの学びをとおして、幅広い知識と教養を身につけます。
また、自らの考えを的確に表現する力やコミュニケーション力、課題発見・解決力を向上させ、自立した社会人を目指します。

目指せる資格

サンプル画像
さまざまな情報があふれている現代社会において、図書館という場で情報を扱う専門家が「司書」です。
司書資格は国家資格で、所定の科目を履修することで卒業と同時に取得が可能です。

進路情報

就職

公共図書館 / 学校図書館 / 大学図書館 / 公務員(県庁、自衛隊など) / 一般企業(事務、製造など) / 医療、福祉 など

進学・編入学情報

4年制大学への進学・編入(京都橘大学、中京学院大学など)

入学から卒業までの流れ

入学前入学後卒業後
各学科にて、大学での学修に向けた入学前教育を実施しています。
入学前教育で取り組んだ内容は、入学後の授業にて引き続き取り組みます。
[例]基礎学習、課題図書 など


[1年次]日本文学・文化の知識や面白さ、興味の幅を広げるとともに、日本語表現力の向上を目指します。
[2年次]ゼミなど専門性の高い授業をとおして、日本文学・文化についてさらに深く学びます。

卒業後も小規模大学の特徴を活かして、相談などに応じています。
また、卒業後も求人情報の提供を希望する場合は、引き続き学内の求人検索システムを自宅から利用可能です。


教員紹介/ゼミ活動/独自の教育活動