文字サイズ
facebook公式アカウント
Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
LINE公式アカウント

文教SMILEブログ

ブログ

【子ども学科7】授業風景「幼児と造形表現」

授業風景
子ども学科教員 藤井です。
子どもたちは、日々の生活の中で、いろいろなモノに出会い、気づき、関心を抱きます。周囲の自然、人、物などを見て、子どもたちならではの反応を見せてくれます。



いろいろなモノへの興味や関心を一つのきっかけとして、子どもたちの造形的な表現が生まれてきます。

そこには、見たいものを表現する姿、自己を表現する姿、周囲にいる人へ何かを伝えようとする姿など様々です。



大人の考える造形表現とは異なった解釈や判断がそこには必要となります。子どもの成長や発達を踏まえて、子どもならではの造形表現を理解し、正しく導こうとする姿勢が必要となります。

まわりの大人たちが子どもたちの造形表現にどれだけ寄り添い、共感し、適切な援助ができるか、幼児造形にとってとても大切になってきます。

この授業では、そのようなねらいをもって実践的・具体的に学ぶことを意図して、実技に取り組んでいます。