文字サイズ

文教SMILEブログ

ブログ

【国文学科4】基礎力プログラムⅢという授業

授業風景
 本学では、課題解決力を身につけ、主体的に学び成長していくためにグループで協働しながら、P(計画)・D(実行)・C(評価)・A(改善)を繰り返す、基礎力プログラムという授業があります。

 本年度の国文学科では、「長浜市立北中学校図書館でのボランティア活動」及び「活動を通じての図書館改善計画」を通した学修を行っています。

 

これまで、書架の配置整備、約2000冊のバーコード貼りなどを行ってきました。



 本日は、長浜市立北中学校の教頭先生、学校司書の先生方をお招きし、
学生4グループによる「図書館改善計画」のプレゼンテーションを行いました。



原稿を作成することで、落ち着いて伝えるべきことを伝えられたと思います。



各グループ3~5分程度の時間でしたが、中学校図書館に今まで以上に生徒が来館するように、本をもっと読んでもらえるように、好きになってもらえるようにと試行錯誤した、とても魅力ある提案ばかりでした。



質疑応答では、自信をもって答えていました。
グループでの話し合いなど事前準備をしっかりしていた賜物だと思います。



最後に、提案を実現するため教頭先生と学校司書の先生との話し合いの場を設け、意見交換を行いました。



グループでの協働、短い時間での準備、大変だったと思いますが、いい提案をいただいたと講評もいただきました。



学生のみなさん、お疲れさまでした。

※この場をお借りして、お忙しい中、本学までお越こし頂き、また学生へのご指導を賜り、長浜市立北中学校の教頭先生、学校司書の先生には深く御礼申し上げます。