文字サイズ

文教SMILEブログ

ブログ

水彩画講座水曜会 10周年記念 第8回作品展開催 〈同時開催〉学生美術演習 習作展

公開講座
こんにちは。入試キャリア課の清水です。

3月7日(木)より、本学にて「水彩画講座 水曜会第8回作品展」を開催しています。

「水曜会」では月に2回ほど本学にて身近な果物、野菜、草花などを描いたり、
時には近くの町や湖辺、野山に出かけてスケッチをされています。

 


同時開催で、学生美術演習 習作展も開催され、本学学生の作品も多数展示されています。

 


水彩画講座がスタートして早10年、現在24名の方が参加されております。
開講以来続けて参加されている方も5名おられます。

講座開始当初より参加してくださっている鈴木さん、濱田さんにお話を伺いました。

-水彩画をはじめられたきっかけは?
鈴木さん:退職を機に何かをはじめたいと思っていたときに、水彩画講座のことを新聞で知り、絵を描くのが昔から好きだったので、はじめてみようと思いました。
濱田さん:図書館で水彩画講座の募集を見てはじめてみようと思いました。中学生の頃から絵を書くのが好きで、高校生の頃は油絵を少し描いていました。

-描きたいと思う瞬間は?
鈴木さん:直感的に「描きたい!」と思うものを描いています。
濱田さん:散歩をしていて、山を見たときに同じ山でも日によって見え方が違うなあと思い、今回の作品を描いてみました。

-これから水彩画をはじめようと思っている方へお2人からのメッセージをお願いします。
先生が楽しく教えてくださるので、10年間通っています。「はじめてみたい」と思っている方は、ぜひ水彩画にチャレンジしてみてください。

こちらが鈴木さん、濱田さんの作品です。

  



こちらの水彩画展は、休日を除き3月13日(水)まで開催していますので、ぜひ皆様お越しください。