文字サイズ

滋賀文教短期大学

各種相談

ひとりで悩まず、相談してみませんか?
悩みがある、精神的にしんどい、気持ちが落ち込んでいる……
ひとりだけで悩まず、相談にきてください。

 悩んでいること、困っていること、気になっていることなど、どんなことでも気軽に相談してください。担任の教員をはじめとする教職員が相談に応じます。
 必要に応じて、学内の各部署・機関、学外の機関と連携してサポートします。


*秘密は厳守します!

心身の健康に関するサポート

滋賀文教短期大学では、在学生一人ひとりが、楽しく充実した学生生活を送ることができるよう、心身の健康に関するサポートを行っております。
担任相談各学生に担任の教員がついています。大学生活や進路、心身のことなど、ひとりで悩まずに、まずは担任に相談してみてください。
学生相談担任相談が難しい場合などに利用できます。ゆっくり話を聴くために予約制となっていますので、学生便覧などを確認し、学務課や担任の教員に申込をしてください。
保健室本館1階学務課前に保健室があります。怪我等の応急処置を行うほか、症状に応じて休養できます。使用したい学生は学務課にて受付をして下さい。保健室で対応できない際には、近隣の医療機関を紹介しますので、学務課まで気軽に相談して下さい。
AED体育の授業中・不慮の事故に備えて大学館内と体育館にAED(自動体外式除細動器)を設置しています。設置場所については、本館1階事務室入り口前と体育館入り口となっております。
健康診断4月当初に全学生を対象とした健康診断を行っています。要所見者に対しては学校医による問診も合わせて行うことで、自身の健康状態を把握し、健やかな学生生活をおくるためのサポートを行っています。

保険について

 本学では、在籍する学生が安心して学生生活を過ごせるよう、以下の保険への加入を義務付けています。
 
■学生教育研究災害傷害保険 (学研災) Aタイプ + 通学中等傷害危険担保特約 (通学特約)
 正課中、学校行事、課外活動中、学校施設内にいる間および通学中に生じた事故により傷害を被った場合に補償される保険です。
*本保険の詳細はこちら 
・ (公財)日本国際教育支援協会HP 「学生教育研究災害傷害保険」
・ 「学研災Aタイプごあんない」(PDF)
・ 「学研災Aタイプ加入者のしおり」(PDF)

事故が発生した場合 (学研災)
 事故が発生した場合には、速やかに大学 (学務課) へ報告するとともに、事故の詳細について通知する必要があります。事故の通知は、事故通知システムまたは事故通知はがきで行います。
 事故の通知後、必要書類を作成・送付し、保険金の支払を受けます。事故通知はがきを含む書類は、全て本学 学務課で取り扱っています。
 事故通知システム (PC、スマートフォン、携帯電話) を利用する場合は、以下のリンクから通知することが可能です。
・ 事故通知システム(PC、スマートフォン版)
・ 事故通知システム(携帯電話版)

■学研災付帯賠償責任保険 (学研賠) Aコース
 正課中、学校行事、インターンシップ、ボランティア活動、各実習及びその活動への往復中等において、他人にケガを負わせたり、他人の財物を破損した場合に法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害について補償される保険です。
*本保険の詳細はこちら 
・ (公財)日本国際教育支援協会HP 「学研災付帯賠償責任保険」
・ 「付帯賠責ごあんない」(PFD)

事故が発生した場合 (学研賠)
 事故が発生した場合には、学生本人が速やかに保険会社へ電話連絡する必要があります。 その後、大学 (学務課) にも事故があった旨を報告してください。
 電話連絡、大学への報告をした後、必要書類を作成・送付し、保険金の支払を受けます。書類は、全て本学 学務課で取り扱っています。
・ 電話連絡先 : 東京海上日動 学校保険コーナー 0120-868-066 (フリーダイヤル)  

ハラスメント防止について

  1. 大学におけるハラスメントは、学生の個人としての尊厳を不当に傷つける社会的に許されない行為であるとともに、学生の能力の有効な発揮を妨げ、また、大学にとっても秩序を阻害し、社会的評価に影響を与える問題です。そこで、本学では、ハラスメントのないキャンパスに向けて取り組んでいます。

  2. ハラスメントの相談
    ハラスメントかもしれないと思ったら、一人で悩まずに、話しやすい教職員にまず相談して下さい。相談者のプライバシーと意向を尊重しながら、ハラスメント防止委員会が中心となって問題の解決に取り組みます。相談を行ったことによって相談した人が不利益を被ることがないよう、プライバシーは最大限保障します。
    ※本年度のハラスメント防止委員については、本館一階掲示板に掲示します。

  3. ハラスメントの防止に関する詳細は次のページを確認してください。
    情報公開 8.ハラスメント防止について