文字サイズ

滋賀文教短期大学

大学紹介

学納金、その他徴収する費用、奨学金

学納金

平成29年度入学生入学金授業料(半期)教育充実費(半期)初年度合計
国文学科
220,000円
250,000円
190,000円
1,100,000円
子ども学科
220,000円
260,000円
190,000円
1,120,000円
平成30年度入学生入学金授業料(半期)教育充実費(半期)初年度合計
国文学科
220,000円
270,000円
190,000円
1,140,000円
子ども学科
220,000円
280,000円
190,000円
1,160,000円

その他徴収する費用

諸経費

諸 経 費 ①金 額
学生自治会費(2年分)
20,000円
学生教育研究災害傷害保険料(2年分)
2,430円
同窓会費
2,000円
卒業アルバム代
16,800円
合 計
41,230円
*一旦納入した諸経費は一切返還しません。

諸 経 費 ②金 額
国文学科血液検査費(麻しん、風しん抗体検査)、基礎力測定テスト
10,480円
子ども学科血液検査費(麻しん、風しん抗体検査)、基礎力測定テスト、電子ピアノヘッドホン
13,880円
*実施後清算します。

教員免許状・保育士資格の取得にかかる費用について

子ども学科実習諸費
保育士養成コース
5,000円
小学校教諭養成コース
3,000円

滋賀文教短期大学奨学金制度・授業料減免制度の紹介

本学独自の奨学金制度

本学では、学生の就学支援と、本学の教育効果の向上を図ることを目的として下記奨学金制度を設けています。本奨学金は返済の義務はありません。
  • 支給の決定は審査により決定します。
  • この制度は、平成30年度現在の制度であり今後変更となる場合があります。
学業等成績優秀者奨学金
対象者本学に籍を有する学生
奨学金受給資格本学の実施する奨学生選考試験に、所定の手続を経て合格した者
奨学金の種類・支給額奨学金Ⅰ種 200,000円(年額)
奨学金Ⅱ種 150,000円(年額)
出願時期毎年度本学が定める日までに出願
出願書類奨学生願書
修学支援奨学金
対象者本学に籍を有する学生
奨学金受給資格経済的理由により学費等の納入が困難であり、学業・人物ともに優れた者
受給基準
※①②共に満たす者
①世帯の全収入が300万円未満
(基準額は3人家庭を想定しているため扶養者1人増す毎に60万円を加算)
②学業基準 GPA3.0以上 
(1年生は高校調査書3.0以上)
奨学金の種類・支給額奨学金Ⅰ種 200,000円(年額)
奨学金Ⅱ種 150,000円(年額)
出願時期随時出願
出願書類
  • 奨学生願書
  • 世帯全員の過去1年間の所得状況が分かる書類
    (源泉徴収票・給与明細等)
  • 世帯全員の前年度課税証明書
その他奨学金【Ⅰ 社会活動等優秀活動者奨学金】
対象者本学に籍を有する学生
奨学金受給資格教科外活動又は社会活動に優れた実績を有し、在学中においても継続して活動を行い、かつ、人物に優れた者
受給基準
※①または②を満たす者
①全国レベルの大会で3位以上入賞
②社会活動は、県レベル以上の団体に所属し、所属団体からの推薦があった者
奨学金の種類・支給額奨学金Ⅰ種 200,000円(年額)
奨学金Ⅱ種 150,000円(年額)
出願時期毎年度本学が定める日までに出願
出願書類
  • 奨学生願書
  • 活動を証明できる表彰状・新聞記事等活動実績を証するもの
その他奨学金【Ⅱ 在職職員子息女奨学金】
対象者本学に籍を有する学生
奨学金受給資格本学及び松翠学園に在職する常勤教職員の子息女で、学業・人物ともに優れた者(この場合高学年者1名とする)
奨学金の種類・支給額奨学金Ⅰ種 200,000円(年額)
奨学金Ⅱ種 150,000円(年額)
出願時期毎年度本学が定める日までに出願
出願書類
  • 奨学生願書

本学独自の授業料等減免制度

本学では、経済的理由による修学困難な学生や学びなおしのため本学に入学した社会人入学生のほか、以下により学生の修学支援を行っています。
  • 減免の決定は審査により決定します。
  • この制度は、平成30年度現在の制度であり今後変更となる場合があります。
修学支援減免制度
本学に在学する学生で、経済的理由により修学困難である学生に対して授業料等の減免を行います。
減免対象範囲保証人が失職、倒産、離婚、死亡等により生活が 困窮していると認められる場合
減免する授業料等の種類①授業料
②教育充実費 
③その他必要と認められる納付金
免除基準申請者家庭年間収入額と減免額  
  • 120万円以下……全額免除
  • 240万円以下……半額免除
(但し基準額は3人家族を想定しているため、扶養者一人増す毎に基準 額に60万円を加算する)
申請時期随時申請
提出書類
  • 授業料等減免申請書
  • 申請者家族全員の所得証明書又は給与証明書
  • 奨学生受給決定通知書(該当者のみ)
  • 申請者家庭の生活状況書(支出経費の明細)
生活状況書は、収入は家族全員の収入状況(奨学金含む)、支出は食費・住居費・光熱水費・教材費・交通費等記載
(同居兄弟等がいる場合は家計維持にかかる総額を記載)
社会人入学者減免制度
本学に入学を希望する社会人に対して、向学心を尊重し、有為な人材を社会に輩出するため授業料の減免を行います。
減免対象者国文学科出願時において満22歳以上の者で選考試験を経て、本学に入学手続きをした方
減免額①入学料(本学卒業生に限る)100,000円
②授業料(国文学科入学生に限る)
 入学年度4月1日現在の満年齢に10,000円を乗じた額を減免する
 ただし、年額400,000円を上限とする
③授業料減免額は二年次進級時においては入学当初決定額による
申請時期①にかかる申請は、合格発表後、入学手続き期限までに提出
②にかかる申請は、1年次3月末日までに提出
申請書類
  • 授業料減免申請書
  • 生年月日が確認できる公的書類の写し
卒業生再入学者入学料減免制度
減免対象者出願時において満22歳以上の者で選考試験を経て、本学に入学手続きをした者で以下に該当する場合
減免額入学料(本学卒業生に限る) 100,000円
申請時期入学手続き後3月末日までに提出
申請書類
  • 入学料減免申請書
  • 本学卒業証明書
家族在学特典(入学料減免)
減免対象者
  1. 父母のどちらかが本学卒業生
  2. 兄弟及び姉妹が本学卒業生
  3. 兄弟及び姉妹が本学に在学
(指定校推薦入試合格者は対象外)
減免額入学料 100,000円
(正規入学料220,000円)
申請時期入学後申請
申請書類
家族在学特典申請書

その他の奨学金制度(本学以外)

日本学生支援機構奨学金【貸付型奨学金】
第一種奨学金(無利息)利息のつかない奨学金で、高等学校最終2年間の成績や、家計収入限度額などが申込基準として設けられています。
第二種奨学金(利息あり)利息がつく奨学金で、金利は年3%と上限が決まっています。
第一種奨学金と違い高校の成績に明確な基準はありませんが、家計収入の限度額は基準として設けられています。
入学時特別増額奨学金月々に借りられるお金とは別に、入学時に一度だけ借りられる奨学金です。
家計収入額が基準額より少ない、または日本政策金融公庫の『国の教育ローン』が不採用だった人が申し込みできます。
いずれも入学後に振り込まれます。

※高校在学中に申し込みします。定期申込(4月)は入学後も申込可能です。
日本学生支援機構奨学金【給付型奨学金】
給付型奨学金は返済の必要がありません。
家計を支えている人が住民税非課税であること、生活保護受給世帯であること、18歳時点で養護施設等に入所していたことなどが申込基準として設けられています。

※高校在学中に申し込みが必要で、大学に入ってからの申込はできません。(平成30年度から)
※申請時期・申請方法等は高校又は大学におたずね下さい。
滋賀県保育士修学資金
将来滋賀県内において保育士として、児童の保護等の業務に従事しようとする者に修学資金を貸付けることにより、滋賀県内における保育士の充足に資することを目的としています。
対象者は、保育士を養成する学校その他の施設に在学し、卒業後、国立の施設等ならびに滋賀県内の施設等において、保育士として児童の保護等の業務に従事する意思を有する者とされています。
詳細は、社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会のホームページにより「滋賀県保育士修学資金貸付要綱」にてご確認下さい。

※保育士修学資金は年度により制度が変わることがあります。
※保育士修学資金は、滋賀県の他、岐阜県・福井県・三重県でも同様の制度があります。
長浜市保育士等奨学金返還支援金
卒業後、長浜市内で保育士として就業する人を対象に、長浜市が対象者の奨学金の返還を支援する制度です。在学中に日本学生支援機構の奨学金を貸与されていた者で、卒業後に長浜市内で保育士等として勤務する場合に利用できます。
公私立を問わず長浜市内の保育園・幼稚園・認定こども園で就業する保育士・幼稚園教諭・保育教諭が対象です。
貸与を受けた月数に2万円を乗じた額を上限に奨学金返還支援が受けられます。
(この事業は平成37年度までの期間限定事業です。)

詳細は長浜市のホームページ「長浜市保育士等奨学金返還支援金」にて確認して下さい。