文字サイズ

キャリアデザイン

就職・進路支援

キャリアサポート

少人数の中で専門性を磨くから、高い就職実績に繋がる

 キャリアデザインセンターのほか、担任や各専門分野の教員から支援を受けられます。
 1学科1学年50人、全在学生は200人程度だから、教職員は学生の特性を理解した上で、それぞれの学生にあわせてサポートしています。

 専門分野での経験豊富な教員が多数
 
本学で取得可能な資格に直結する仕事の経験が豊富な教員が多数います。
 学校図書館で司書として約30年間勤務した経験のある教員、小学校校長経験者、教育委員会で小学校教諭の採用を担当したことのある教員、公立保育所で園長を勤めた経験のある教員などが在籍。
 授業内外で、希望の進路に進むための相談に乗ります。
平井先生 前田先生 大橋先生
 進路支援担当職員と担任教員が、いつも学生を見守ります
 1人の教員が、数人から10人程度の学生を担任として受け持ちます。
 定期的な面談の機会のほか、いつも担任として受け持っている学生を気にかけてフォローしています。
 少人数の中でじっくり向き合うから、就職活動を実際に開始するまでの1年弱の期間の中でもそれぞれの学生の特性をしっかり把握します。就職活動で必要となる自己分析の際も、本人の気づかない長所を伝えられることも多いです。
 小学校と保育所等で必須となるピアノスキルを、就職試験前にも個別指導
 子ども学科は1学年50人です。ピアノの授業は、その50人をさらに3クラスに分けて、15人程度で実施します。
 それだけではなく、就職試験の前には学生が希望すれば、教員がさらに個別に支援します。
 ピアノレッスンができる個室が18室あり、学生数に対して十分な環境を整えています。授業前や放課後に自主練習をする学生もたくさんいます。
レッスン レッスン2 ピアノ室
 正課外で実践力を身につける(インターンシップ・ボランティア・学内実習)
 学生は、図書館インターンシップ、地域の小学校でのボランティア、学内保育実習ぶんぶんひろば等に参加しています。
 これらは、資格を取得するためにどの大学でも行われる実習のほかに、本学で重視している実践教育の場として設けている機会です。
 就職試験の際に、実際に受験者が数時間程度保育をしている姿を園長に見られて、採用の可否が決められるケースも保育業界では増えています。
 そのようなときも、実践力が身についていれば、就職希望先から内定を獲得できます。
図書館インターン 小学校 ぶんぶん