学生生活

学生生活

学生インタビュー

国文学科

国文学科 日本文学コース 1 年
奥谷 日菜乃さん
( 滋賀県立長浜北高等学校出身 )

司書資格の取得と、 努力を惜しまない人になるのが目標。
滋賀文教短期大学に進学を決めたのは、司書資格が取得できる数少ない短期大学だったからです。また、自宅の近くで勉学に励むことができるのも理想的でした。司書課程の授業では、身近に使っている紙の歴史と重要性を知ることができました。印象に残っていることは、田村駅周辺空間活用事業の実行委員会に参加したことです。「 子育てしやすい、子どもが遊べる公共空間 」をテーマに実証実験などを行いました。地域の方に喜んでいただけるように、何度も意見交換を行い、努力を重ねました。この体験から、何事にも挑み努力を惜しまない人になりたいと考えるようになりました。これからの人生の選択も、努力を惜しまず後悔をしないようにしたいです。

国文学科 日本文学コース 1 年
𠮷田 有希さん
( 滋賀県立長浜農業高等学校出身 )

恵まれた環境の中で、様々な文学を探究し知識を得たい。
私は読書が好きで、文学に強い関心を持っていたので、深く学びたいと思い入学を決めました。図書館司書の仕事にも興味があり、司書課程の授業を受けながら、専門の本を読み、時には先生に質問をして資格取得に向けて取り組んでいます。授業では日本文学を学ぶ中で、著名な文豪や作品以外にも魅力的な作品がたくさんあることを知り、その内容に触れることで文学の奥深さを味わうことができました。大学の図書館は書籍が充実していることはもちろん、映像資料が鑑賞できる視聴コーナーもあるため、放課後や空き時間に自習をするためによく利用しています。まだまだ読みたい本が無限にあります。日々読書に励み、さらに多くの知識を身につけていきたいです。

国文学科 日本文学コース 1 年
松田 千輝さん
( 滋賀県立堅田高等学校出身 )

地域で学ぶ大切さを知り、将来は地域貢献をしていきたい。
司書資格が取得できることや、日本文化に興味があり入学を決めました。「 日本文学史 」の授業では、「 文学史の登場人物などを、ただ暗記するのではなく、その時に起こった出来事を自分がどう思うかが大事 」という話を聞いてから、物事を深く考えて答えを導き出すようになりました。「 異文化コミュニケーション 」の授業では、子ども学科の学生と一緒に地域の方に向けて演奏をしました。中学・高校と吹奏楽部に所属していたので、音楽の力で地域に貢献できたことがとても嬉しかったです。大学での学びをとおして、実践的な勉強ができることの背景には、地域の方の協力があるからだと感じています。将来は、地域貢献ができる仕事に就き、恩返しをしたいです。

国文学科 日本文学コース 1 年
新宮 康生さん
( 京都府立福知山高等学校三和分校出身 )

自分の性格を変えたいと思い積極的に発言しています。
小学生の時から本が好きで図書館をよく利用し、司書の仕事を見て憧れていました。進学先を考えるにあたり、2年間で司書資格が取得できる点に魅力を感じ入学を決めました。自分をもっと積極的な性格に変えたいと思い、授業中のグループワークでは率先して意見を出すよう心がけています。また、回数を重ねるうちに、グループで作業をする時には、周りの様子を見ながら自分ができることを見つけて先に動くことの大切さが分かってきました。「 基礎力プログラム 」や「 くらしと地域 」の授業では長浜市について学びました。私は長浜市出身ではありませんが、地域について学ぶことをとおして、自分の生まれ育った地域について興味を持つきっかけになりました。

国文学科 日本文学コース 1 年
森田 莉加さん
(旧 奈良県立高円高等学校(奈良県立高円芸術高等学校)出身)

グループで力を合わせて、発表をやり遂げた時の喜び。
文学と高校で学んだデザインをつなげる仕事がしたいと思い、司書資格が取得でき、豊かな自然に囲まれている環境に魅力を感じ入学を決めました。また、少人数で先生との距離が近いのも決め手でした。現在は様々な時代の日本文学や日本語、そして図書館に関する知識を勉強しています。「 日本文学史 」や「 日本語学 」の授業では、古代から現代までの幅広い時代を学ぶため、歴史の知識も身につきます。司書課程の授業では、図書館の歴史や用語、現在の図書館事情などを基礎から学んでいます。中でも特に小説の授業が印象に残っています。グループで一つの小説について文献を調べ、考察して資料をまとめ、発表がうまくいった時は達成感でいっぱいになりました。

国文学科 日本文学コース 1 年
坂口 武留さん
( 大阪市立第二工芸高等学校出身 )

コミュニケーション力を磨き、図書館司書を目指しています。
読書が好きなので、司書資格が取得できることを魅力に感じ入学を決めました。現在は図書館の歴史やサービスについて学んでいます。司書はコミュニケーション力が必要な仕事です。利用者の要望に適切な対応ができるようになるために、図書館での様々な事項について授業で学び、疑問点は自分で調べています。本の分類の知識を深めたことで、今まで本を開くまで分からなかったことが分類によって予測できるようになり、勉強をする楽しさを感じています。また、教養科目の「 ストレスマネジメント」の授業では、ストレスを抱える人への対応方法を知ることができました。将来、誰かの力になれる人になりたいという目標があるので、学んだことをいかしたいです。

子ども学科

子ども学科 保育士養成コース 1年
小川 萌さん
( 滋賀県立長浜北星高等学校出身 )


感性豊かな心を育むことができる保育士になりたい。

幼い頃からの夢である保育士になるために入学を決めま し た。実習や模擬保育は大変なこともありますが、子どもたちの姿をイメージしながら、授業の計画の立て方やコミュニケーションの取り方などを学んでいます。「 基礎力プログラム 」の授業では係を分担し、発表資料を作成する経験を重ねたことで、レポートをまとめる作業が速くなったと思います。特に印象に残っている授業は「 保育内容( 環境 )」で学校の近くにある田村山に登ったことです。様々な草花を知ることができ、季節の変化を肌で感じることで、自然に対して興味を持つようになりました。将来は季節の移ろいを子どもたちに伝え、感性豊かな子どもを育むことができる保育
士になりたいです。
子ども学科 保育士養成コース 1年
四谷 知歩梨さん
( 滋賀県立伊吹高等学校出身 )


たくさんの人と語り合い、豊かな表現力を身につけたい。
中学校での職場体験で保育園に行った時に子どもたちが別れ際に「 先生行かないで 」と言ってくれたことが印象に残っていて、保育士を目指そうと思いました。高校生の時に参加したオープンキャンパスで学校の雰囲気が自分に合っていると感じ「 ここで学びたい 」と思い入学を決めました。模擬保育の授業は準備が大変ですが、自分のアイデアを発表することができ、やり遂げた後には達成感があります。今後は、様々な人と積極的に関わることで豊かな表現力を養っていきたいです。そのためにグループワークでは、自ら発言することを心がけて意見交換し、視野を広げるように努力しています。将来は、愛情にあふれ、笑顔を絶やさない保育士になりたいです。

子ども学科 保育士養成コース 1年
古武 美玖さん
( 滋賀県立高島高等学校出身 )


苦手なことでも諦めず、チャレンジを続けています。
高校生の時の私は苦手なことを他人に任せたり、先々のことを考え過ぎたりして、新しいことにチャレンジすることから逃げていました。そんな自分を変えたいと思い、大学では様々なことにチャレンジしています。例えばピアノです。私はピアノを弾いたことがなく入学当初は苦労しましたが、放課後にピアノレッスン室や自宅での練習を続け、両手で弾けるようになりました。今後も練習を続け、レベルアップをしたいです。学びの中で印象に残っているのは、「 くらしと地域 」という授業です。大学周辺を散策し地元の魅力や改善点を話し合ってまとめ、スライドを作成しました。この授業をとおして、情報収集力や創造力、コミュニケーション力を身につけることができました。

子ども学科 保育士養成コース 1年
福尾 唯さん
( 福井県立若狭高等学校出身 )


コミュニケーション力アップを目指し自主性を磨いています。
滋賀文教短期大学は少人数で先生との距離が近いところが魅力です。私は一人暮らしを始めたとき、家族と離れたことで不安でしたが、先生方が優しく声をかけてくださり、とても心強く感じました。また、大学の周りは自然が豊かで、落ち着いた環境の中で学べる良さも実感しています。授業では、子育ての現状について学んだ時に、保護者の方の大変さを改めて感じました。将来は、保護者の方の負担や不安を解消し、信頼される保育士になりたいです。これからの課題としてはコミュニケーション力や主体性を養うことの必要性を感じています。授業で行われるグループワークでは、他の人の意見をしっかりと聞いたうえで自分の意見を積極的に発言したいと思います。
子ども学科 小学校教諭養成コース 1年
久保江 ヒカルさん
( 私立岐阜第一高等学校出身 )


経験豊富な先生方の授業を聞き、実践力を養っています。
小学校の先生になりたいという夢があり、2 年間で小学校の教員免許が取得できるため入学を決めました。私が最も積極的に取り組んでいるのは模擬授業です。少人数のため、発表する機会に恵まれ、意見交換をしながら学び合えることが魅力です。体験型の授業では、大学の近くの田村山に登って頂上で紙芝居を聴いたり、育てた大根でおでんを作ったり、小学校の授業を児童の立場に立って受ける機会もありました。小学校で現場経験のある先生方が多く、実践に即した授業を受けることができ、教員として授業で配慮すべき点を学ぶことができます。将来は、大学で学んだことをいかして、実践力と豊かな人間性を備えた小学校教諭になり、思いやりのある児童を育てたいです。
子ども学科 小学校教諭養成コース 1年
粟飯原 虎善さん
( 長野県飯田 OIDE 長姫高等学校出身 )


一人一人に寄り添い、力を尽くせる教師になりたい。

大学の授業は少人数なので授業で発言がしやすく、疑問点は先生が丁寧に対応してくださいます。現在は小学校教育の仕組みや各教科の指導内容を学び、模擬授業など実践的な授業にも取り組んでいます。印象に残っている授業は教育実習指導です。大学の近くの小学校を見学し、子どもたちと触れ合えたことで、改めて教員になりたいという思いが強くなりました。将来の目標は、一人一人の児童に寄り添える教員になることです。学校現場には様々な環境で育った児童がいます。それぞれの児童に応じたきめ細かい指導ができるようになることが目標です。そのためには普段の学校生活において、コミュニケーションを大切にし、多角的な考え方ができるようになりたいです。