子ども学科

子ども学科

保育士養成コース

授業紹介

乳児保育ⅠⅡ

乳児保育ⅠⅡ
安心して子どもの育ちを任せられる保育者になるために、必要な知識や技術をもとに、援助の仕方や関わり方を学んでいます。また、乳児の発達に合わせた遊びを考えたり、おもちゃを作ったり、実践に反映できる内容を学習します。

保育原理

保育原理
保育は、子どもとふれあい、笑顔を分かち合い、自らも子どもと共に育つやりがいのある仕事です。保育原理では保育者になる第一歩となる「保育とは何か」の基礎を学びます。保育の理念や役割、制度、特性などを理解し、実践の基盤づくりをします。

社会的養護Ⅰ・Ⅱ

社会的養護Ⅰ・Ⅱ
児童養護施設、乳児院を含む社会的養護施設での子どもたちの生活や施設入所に至った経緯などを学びます。また、さまざまな事情で家族と暮らすことのできない子どもたちへの支援について、家族が再び一緒に暮らせるようになるための支援について考えていきます。

器楽入門

器楽入門
子どもの豊かな音楽表現を育むために、弾き歌いなど実践的な演奏技能を個人レッスンとグループレッスンを通して習得していきます。また基礎的な音楽理論として楽譜の読み方やコードネームについて学びます。

教育実習指導(幼)

教育実習指導(幼)
実習に向けての心構え、姿勢、保育者として身につけるべきマナーなどを学びます。また実践的な学びを深めるために、基礎知識を積み重ね、指導案の立案や作成、模擬保育を通し、保育力を向上させ、保育・教育実習への意欲を高めていきます。

基礎力プログラムⅢ

基礎力プログラムⅢ
「子育て・教育環境の充実」という長浜市の課題解決に貢献することをめざして、学修成果を身につけていく「基礎力プログラム」の第3弾です。前半は、小学校1年生との遊びを考え実践します。後半は、保幼小連携について考え、グループワークを通してプレゼンテーションによる発表を行います。

時間割(例)

1年次(春学期)

1
子どもの保健
幼児理解と援助
幼児と造形表現/
幼児と身体表現
基礎力プログラムⅠ
(補習)
幼児と言葉
2
図画工作Ⅰ
乳児保育Ⅰ

基礎力プログラムⅠ
(初年次教育)

器楽入門
昼 食
3

社会福祉

教職概論

4
器楽入門
(補習)
教育制度論

保育原理
発達心理学
5
社会的養護Ⅰ
幼児と音楽表現

幼児と環境
役立つ文章表現

2年次(春学期)

1

子ども家庭支援の心理学
ぶんぶんひろばの時間
幼児と健康

2
音楽Ⅲ
教育方法・技術論
基礎力プログラムⅢ
(補習)
教育実習指導(幼)
基礎力プログラムⅢ
昼 食
3

日本国憲法
幼児と人間関係
保育実習指導Ⅱ
英語コミュニケーションⅠ
4
保育の計画と評価
特別支援教育

社会的養護Ⅱ
音楽Ⅲ(補習)
5

児童文学

音楽Ⅱ(音楽表現法)
子どもの理解と援助

カリキュラム(2022年度入学生例)

1年次2年次
基礎力プログラム
基礎力プログラムⅠ、基礎力プログラムⅡ
基礎力プログラムⅢ、基礎力プログラムⅣ
保育に関する専門科目
社会福祉、保育原理、保育実習指導Ⅰ、施設実習指導、保育実習Ⅰ、施設実習、子ども家庭福祉、社会的養護Ⅰ、子どもの保健、子どもの健康と安全、乳児保育Ⅰ、乳児保育Ⅱ、幼児と環境、幼児と言葉、幼児と身体表現、幼児と音楽表現、幼児と造形表現
カウンセリングマインド研究、保育者論、子どもの食と栄養、障害児保育、保育実習指導Ⅱ、保育実習Ⅱ、保育実践演習、保育の計画と評価、子ども家庭支援の心理学、子育て支援、社会的養護Ⅱ、子どもの理解と援助、子ども家庭支援論、幼児と健康、幼児と人間関係
教科及び教科の指導法に関する科目・領域及び 保育内容の指導法に関する科目教科及び教科の指導法に関する科目・領域及び 保育内容の指導法に関する科目 器学入門、音楽Ⅰ(器楽)、図画工作Ⅰ、保育内容総論、保育内容(環境)、保育内容(言葉)、保育内容(表現)音楽Ⅱ(音楽表現法)、音楽Ⅲ、教育情報処理、保育内容(健康)、保育内容(人間関係)
教育の基礎的理解に関する科目等教職概論、教育原理、発達心理学、教育制度論、教育課程論、幼児理解と援助、教育実習指導(幼)
特別支援教育、教育方法・技術論、教育相談、教職実践演習(幼・小)、教育実習指導(幼)、教育実習(幼)、人権教育
教養科目
健康とスポーツ、役立つ文章表現、情報リテラシー、キャリアデザイン
自然と環境、日本国憲法、英語コミュニケーションⅠ、英語コミュニケーションⅡ、シティズンシップ論、児童文学