文字サイズ
facebook公式アカウント
Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
LINE公式アカウント
教育の可視化

教育の可視化

学びに関する疑問(高校生編)

大学入学後は、ノートPCを購入すべきですか?

 本学では、ChromebookというノートPCを在学生全員に無償で貸与していますので、購入しなくても学修に支障はありません。
 在学中は継続的に貸与しており、卒業時に返却していただきます。
 自宅に持ち帰って、WEBを用いた遠隔授業に使用したり、レポートを作成したりする際にも使用できます。
 
 また、図書館やラーニングカフェなどにもPCを設置していますので、必要に応じてデスクトップ型のPCも利用できます。
 
 
成績はどのようにつけられるのですか?
 
 シラバス(授業計画)に、到達目標を明記しています。本学では、到達目標を達成できれば、B (良) 評価以上を得られます。
 それ以上の評価は、到達目標、評価基準、科目に関連するディプロマ・ポリシーや身につけたい力に沿って学修成果を獲得することで得られます。

 本学では、教員個々人だけでなく、教員間で適切に成績が評価されているかを協議する機会も設けており、厳格な成績評価を行う仕組みを整えています。
 毎学期、すべての科目についてそれぞれS (秀) ,A (優) ,B (良) ,C (可) ,D (不可) の成績がどの程度つけられたのかを一覧表にします。その結果を専任教員全員が共有し、よりよい成績評価や指導方法のために活用しています。
 
 
短期大学では毎学期どのくらいのペースで授業を受けることになるのですか?
 
 下記に本学の例をご紹介します。

 標準年限で卒業するとき、2年間で4学期あり、卒業までに63単位以上が必要です。
 国文学科では、学期順に平均的に、21単位、22.4単位、21.1単位、19.6単位と取得しています。
 子ども学科では、同様に、27.8単位、26.3単位、23単位、23.1単位と取得しています。
 
 なお、一部の科目は4単位や1単位のものもありますが、大半の科目が1科目2単位です。
 
 
国文学科の学生に人気の学修スペースはどこですか?

 図書館です。

 智徳館の2~3階に図書館があります。
 資料が約5万冊あり、イヤホン付きのPCスペース、Wi-Fiや貸出用PCもあります。
 図書館の資料を用いて調査や学修をする際に、デスクが多いので居心地がよく便利だという声も多いです。
 
 智徳館の1階にはラーニングカフェがあり、PCとテーブルをそれぞれ複数台設置しています。グループで調査したり議論したりする場としてゼミの準備や授業に活用されています。
 
 
子ども学科の学生に人気の学修スペースはどこですか?

 ピアノ室です。

 ピアノ室は本館に9室、翠湖館に10室あります。それぞれアップライトピアノを1部屋に1台設置しています。
 特に翠湖館のピアノ室は防音性が高く、周囲にほとんど聞こえない個室のため練習に集中できます。

 本学では予約なしで一日何度でも使用可能なため、朝夕や空き時間の自主練習のために学生が使用しています。
 なお、自宅にアップライトピアノを持たない場合でも、練習用の電子キーボードを購入している学生が大半です。
 
 
どのような授業があるか、入学前に知る機会はありますか?

 オープンキャンパスでは、普段の授業を高校生向けに時間と内容を短縮したミニ講義を実施しています。
 体験型の講義がメインなので、気軽に入学後の授業を体験できます。人気イベントなのでぜひお気軽に参加してみてください。
 回によっては予約制の場合もありますので、オープンキャンパスのページをご確認ください。
 
 個別学校見学会では、実際の授業を見学できることがあります。
 予約の際に、希望する旨をお伝えください。
 
 また、高校からの依頼により、各高校内で本学教員が模擬授業を実施させていただくこともあります。こちらは高校生の皆様からご依頼いだたくことはできませんが、機会があれば授業を体験してみてください。
 
 自宅から知る方法としては2種類の方法があります。
 2020年度以降のシラバス(講義概要)はWEB検索することができます。また、本学公式YouTubeに授業紹介動画を公開していますのでご覧ください。
 
 
資格はどのような条件で取得できますか?

 司書や保育士などの資格が国家資格のため、看護師や管理栄養士のように卒業の頃に国家試験を受験し合格する必要があるかどうかよく質問されます。

 そのような国家試験を受験する必要はなく、本学の所定の科目を履修し全科目で C 以上の合格判定を得て、学内の基準をクリアできれば、資格を取得できます。
 司書、司書教諭、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士のすべてが同様です。

 入学後にガイダンスを実施し、適宜手続き方法を説明しますので、必ず参加してください。
 
 
冬の長浜市は雪が多く降り積もる印象があり、授業に参加できるか心配です。遠方からでも通学し卒業できるでしょうか?

 雪だけが原因で単位修得状況に影響することはこれまでありません。
 岐阜市、敦賀市、京都市から通学する学生も標準年限の2年間で卒業しています。
 
 公共交通機関が多くの地域で運休する場合は、授業は休講となります。
 休講の条件については、「休講について」に詳細を掲載していますので、確認してください。
 暴風雨や暴風雪の日は、早朝でも随時ホームページに休講情報を掲載しますので、学生が自宅から確認できます。

 なお、2018年度頃までは大雪が年に何度か降っていましたが、近年は写真ほどの雪が積もる日が非常に少なくなっています。