文字サイズ

子ども学科

子ども学科

海外インターンシップ

令和元年度学長裁量事業
学長 松本博文


皆さんの学修の成果を、海外で発揮してみませんか?
海外でのインターンを支援します!

子ども学科 海外インターンシッププログラムに向けた
学長メッセージ


近年、「グローバル人材」を育てるために、教育改革が行われていることを知っていますか?小学校からの英語学習の本格導入や高校での英語による授業、そして大学入試改革等、日本の英語教育の仕組みが変わりつつあります。幼児教育の未来を担う皆さんにも、今後は「グローバル人材」を育成するための教育への対応が求められるかもしれません。
また、グローバルな社会においては、多様性がキーワードです。国、人種、性別、価値観等の様々な分野について、多様な考えや意見を理解し、尊重し、ディスカッションし、協働しなければなりません。
皆さんは、そのような新しい世の中に、保育者・教育者として生き抜いていかなければならないのです。そのためには、学生時代のうちに、学力(知識・技能/思考力・判断力・表現力/主体性・多様性・協働性)のみならず、グローバルな視点も養うことが大切です。
そこで、この度、タイ国のサハビットバイリンガル幼稚園での海外インターンシップ制度を創設しました。学長と子ども学科が認めた学生については、インターン費用を大学が支援します。

私は学長として、学生の皆さんを育て社会に送り出す使命がありますが、それだけでなく、他でもない滋賀文教短期大学を選んでくれたからこそ得られる付加価値を与えてあげたいと、常々願っています。
本学とタイ国とは、セントジョーンズ学園他の姉妹校交流をはじめ約15年の関りがあり、多くのタイ人留学生も活躍しています。この交流の実績と、多くのタイ人卒業生を生かしたプログラムができるのは、滋賀文教短期大学だけです。
「グローバルな視点」「多様性」等を学ぶチャンスを作ります。是非、いろいろなモノを見て、いろいろなことを考え、自分の世界を広げてください。また、本学で学んだ自分の力を海外の児童に発揮してみたいと思いませんか?海外に学ぶだけでなく、自分の力や日本の学びを発信してください。
これからの人生で、このようなチャンスは二度とないかもしれません。定員と選考はありますが、挑戦したい学生を滋賀文教短期大学は応援します。

 
【インターンシップ先情報】
・Sahavith Bilingual Kindergarten
・サハビットバイリンガル幼稚園
・https://www.facebook.com/pages/category/Elementary-School/Sahavith-Bilingual-Kindergarten-773424816019514/?_rdc=2&_rdr

・Mater Dei School
・マタデースクール
・http://www.materdei.ac.th/