文教SMILEブログ

ブログ

【国文学科21】基礎力プログラムⅡ「SDGsでつながる学生の地域連携プロジェクト」成果報告

国文学科
こんにちは!
国文学科教員の河村です。
今回は、国文学科1年生の「基礎力プログラムⅡ」での取り組みについてご紹介します。

今年度の「基礎力プログラムⅡ」では、びわ湖東北部地域連携プラットフォーム事業の「SDGsでつながる学生の地域連携プロジェクト」に応募し、「長浜市の魅力を文化面から発信するハンドブックの作成」というプロジェクトに取り組みました。

学生は3グループに分かれ、

「黒壁スクエアにおけるまちなか再生事業」
「杉野(中村)のオコナイ」
「キッチン・キスの発酵スイーツ(飯ボーロ)作り」

の3テーマで情報収集を行い、長浜市職員の涌井陽子様のご紹介により、

「株式会社黒壁総務部長」の笹原様
「杉野自治会おこない保存会会長」の川田様
「キッチン・キス」のみなさま

の元を訪れ、フィールドワークを行いました。

  

11月20日(土)には、中間報告会として、滋賀県立大学でオンライン開催された「キャンパスSDGsびわ湖大会2021」に参加し、進捗状況を発表しました。
当日は、イラストレーターの方に本学の取り組みを描いていただき、とても充実した大会になりました。

 

その後、学生はフィールドワークの成果をハンドブックにまとめ、
12月23日(木)に学習成果発表会を行いました。

  

完成したハンドブックは、長浜市民に広く配布しています。
ご協力いただいた皆様には大変お世話になりました。ここに記して感謝の意を表します。
ご興味のある方は、本学でもお配りしていますので、国文学科の河村までお問い合わせください!!