文字サイズ
facebook公式アカウント
Twitter公式アカウント
Instagram公式アカウント
LINE公式アカウント

文教SMILEブログ

ブログ

「働く」をイメージする講座(国文学科1年生)

進路・就職関係
こんにちは。学務課の塚本です。
現在、2年生は学業と並行して就職活動を行っています。
特に国文学科の学生は多くが企業への就職を希望しており、例年1年生の3月から就職活動が開始します。
1年生の3月までに進路をどうするか考えたり、就職活動の準備を行ったりすることが重要です。
本学では入学当初より進路に関する講座を開催しています。

さて、7月27日に就職支援講座「様々な進路を知る」を開催しました。
国文学科1年生対象で、卒業後にどのような進路があるのか知ることを目的としています。

本学の卒業生の進路は主に、企業・団体への就職、図書館への就職、進学です。
特に今回は多くの学生の進路となる企業就職をメインに外部講師の方にご講演いただきました。
講演後には、キャリア支援担当職員より公務員や図書館への就職、進学について説明しました。

前半の講演では講師に「しがジョブパーク」よりキャリアカウンセラーの西村様をお招きしました。
普段、しがジョブパークで開催されている就職活動セミナー「若者未来塾」の出張版として、
「今からはじめる就活 ~働くをイメージしてみよう~」をテーマにお話しいただきました。

 


まずは「どんな仕事をしたいか」「どんな職種につきたいか」を考え、どんな企業があるのか探しました。
でも学生の多くは、具体的にどんな仕事があるのかわからず、なかなか探すのが難しい様子。
いくつか代表的な職種についてお話しいただき、もう一度探してみると、最初よりも見つけられた学生が増えました。

また、どんな業界で働きたいのかも考えました。
目に見えることだけが仕事ではないため、業界研究を行う大切さとその方法について教えていただきました。

今回の講座の感想には、進路を考えるにあたり「前向きになれた」という声が多かったです。
今年は新型コロナウイルス感染症の影響により開講が遅れ、授業や課題が短期間に集中していました。
そのため進路について考える時間がなかなか作れず、漠然と不安を感じていた学生も見られました。
今回の受講で、多くの学生が働くことについて少し具体的にイメージできるようになったかと思われます。
講座後にキャリア支援の担当者を訪ね過去の求人情報を調べていた学生もいました。

今後、1年生は秋学期に履歴書や面接などの対策に向けた進路支援の講座を開催します。
キャリア支援の担当者は、教員や学外機関と連携して学生の希望進路実現に向けて支援していきます。