文字サイズ

滋賀文教短期大学

休講について

  • 大学の行事あるいは授業担当教員のやむを得ない理由により、授業ができなくなった場合には休講となる。

  • 休講の掲示がなく、授業開始から30分経過しても授業担当教員が出講しない場合は、学務課に問い合わせること。

  • 休講は、学務課掲示板に掲示するので登下校時必ず確認すること。

  • 特別警報・暴風警報(暴風雪警報含む)が滋賀県に発令された場合は、次にしたがうこと。
    気象警報等の解除時刻授業措置
    特別警報/暴風(雪)警報午前7時までに解除平常どおり1講時から授業
    午前10時までに解除3講時から授業
    正午までに解除4講時から授業
    正午の時点で解除されない終日休講
    (注)・上記警報が滋賀県では発令されておらず、居住地域(滋賀県外)では発令されている場合、
        当日出席せず、翌日以降、学務課窓口に申し出ること。
       ・授業開始後、特別警報・暴風(雪)警報が発令された場合は、掲示・放送などで対応を指示する。
       ・子ども学科の学生で、介護等体験や実習に参加する場合の対応については、実習ハンドブックや
        学生便覧、「実習期間中の注意事項」を確認すること。実習ガイダンス等でも説明する。

  • 公共交通機関(JR)が不通の場合は、次にしたがうこと。
    交通機関の開通授業措置
    交通機関不通午前7時までに開通平常どおり1講時から授業
    午前10時までに開通3講時から授業
    正午までに開通4講時から授業
    正午の時点で開通しない終日休講
    (注)・対象となる交通機関:滋賀県内のJR北陸本線・JR琵琶湖線
       ・その他の交通機関が不通で、大学に辿り着くことが困難な場合、欠席した日から起算して1週間
        以内に学務課窓口に申し出ること。
       ・気象警報の発令・公共交通機関の不通などにより休講とする場合は、
        その旨を大学ホームページ(http://www.s-bunkyo.ac.jp/)に掲載するので、確認すること。