文字サイズ

滋賀文教短期大学

公開講座

大学開放講座

滋賀の児童文学1~巖谷小波の昔噺を読む~

児童文学の祖と言われる巖谷小波は、滋賀県とゆかりのある児童文学作家です。中でも日本昔噺(全24冊)は小波の大きな業績です。神話や伝承学の観点をも交えて、昔話の魅力に触れてみませんか。(今回は、「金太郎」「大江山」の世界から)

▼ 日程及びテーマ
  回    月  日テーマ
第1回 6月11日(月) 「金太郎」は何ものか?
第2回 6月25日(月) 「金太郎」を取り巻く世界
第3回 7月 9日(月) 「大江山」酒呑童子に迫る
第4回 7月23日(月) 「酒呑童子」伝説の源流はどこに?
講師今井 知春 滋賀文教短期大学 子ども学科 非常勤講師 担当科目:人権教育ほか
時間10:00~12:00
定員20名 
会場滋賀文教短期大学 湖国カルチャーセンター
受講料3,000円 
申込方法はがき又はFAXにて
1.講座名
2.氏名(フリガナ)
3.性別
4.郵便番号
5.住所
6.電話番号 を明記してください。
※お電話での申込受付は行っておりません。
申込締切日 6月4日(月)
備考テキストは当カルチャーセンターでプリントを準備します。

滋賀の児童文学2~巌谷小波の「日本昔噺」を歩く~

巌谷小波の日本昔噺には、湖国を舞台と考えられる作品がいくつかあります。そのお話を地図に表したり、実際に歩いたりしながら昔噺の世界を楽しみませんか。

▼ 日程及びテーマ
  回    月  日テーマ
第1回 10月 1日(月) 小波の昔噺地図を完成させよう(滋賀板)
第2回 10月29日(月) 地図をもとにお話の世界を歩いてみよう
 ー長浜市内フィールドワーク-
講師今井 知春 滋賀文教短期大学 子ども学科 非常勤講師 担当科目:人権教育ほか
時間10:00~12:00 ※10月29日(月)の日程は別途お知らせします。
定員20名 
会場滋賀文教短期大学 湖国カルチャーセンター
受講料1,500円 ※フィールドワークは実費参加となります。
申込方法はがき又はFAXにて
1.講座名
2.氏名(フリガナ)
3.性別
4.郵便番号
5.住所
6.電話番号 を明記してください。
※お電話での申込受付は行っておりません。
申込締切日9月25日(火)
備考テキストは当カルチャーセンターでプリントを準備します。

中国詩の変遷~詩経から陶淵明まで~

紀元前5世紀頃に孔子が編纂したとされる中国最古の詩集「詩経」の民謡部分に当たる国風の詩から紀元三世紀頃の詩人陶淵明の詩まで、主だった詩を講読し、中国詩の変遷を概観する。

▼ 日程及びテーマ
  回    月  日テーマ
第1回 5月17日(木) 詩経
第2回 5月24日(木) 楚辞
第3回 5月31日(木) 楚調の詩
第4回 6月 7日(木) 古楽府
第5回 6月14日(木) 古詩十九首
第6回 6月21日(木) 曹操・曹植
第7回 6月28日(木) 陶淵明①
第8回 7月 5日(木) 陶淵明②
講師野原 薫  滋賀文教短期大学 国文学科 非常勤講師  担当科目:伝統文化Ⅱ
時間14:00~16:00
定員20名
会場滋賀文教短期大学 湖国カルチャーセンター
受講料6,500円 
申込方法はがき又はFAXにて
1.講座名
2.氏名(フリガナ)
3.性別
4.郵便番号
5.住所
6.電話番号 を明記してください。
※お電話での申込受付は行っておりません。
申込締切日5月10日(木)
備考テキスト(訓点を付けた原文、書き下し文、口語訳)は当カルチャーセンターでプリントを準備します。

『源氏物語』を和歌から読み解く~三十一文字に込めた想いと表現~

『源氏物語』の和歌を読み解きながら作中人物の心を読み解いていきます。大きな苦悩を抱える光源氏、藤壺、柏木、女三の宮に焦点を当て、それぞれどのような想いを和歌に託したのかを探りたいと思います。

▼ 日程及びテーマ
  回    月  日テーマ
第1回 5月25日(金) 紫式部の詠歌~紫式部の和歌観~
第2回 6月29日(金) 光源氏の詠歌~辞世の歌から~
第3回 7月27日(金) 藤壺の詠歌~密通と出産~
第4回 8月31日(金) 柏木の詠歌~恋死にする男~
第5回 9月14日(金) 女三の宮の詠歌~男に翻弄される姫君~
講師池田大輔  滋賀文教短期大学 国文学科 講師  担当科目:中古の文学、中世の文学
時間14:00~16:00
定員20名
会場滋賀文教短期大学 湖国カルチャーセンター
受講料2,000円 
申込方法はがき又はFAXにて
1.講座名
2.氏名(フリガナ)
3.性別
4.郵便番号
5.住所
6.電話番号 を明記してください。
※お電話での申込受付は行っておりません。
申込締切日5月18日(金)

書道講座 -基本と作品制作- 春学期

基本(楷書・智永の千字文)(行書・集字聖教序・王羲之)・(草書・懐素の千字文)(隷書・張遷碑)に加え、篆書で四字熟語作品を書くことに取り組みます。中国の文学史に名を連ねた漢詩を題材にして創作作品を創ります。(作品サイズは色紙~半切程度)

▼ 日程及びテーマ
  回    月  日テーマ
第1回 4月10日(火) 基本編(楷書・行書・草書・隷書・金文)
第2回 4月17日(火)  〃
第3回 4月24日(火) 創作作品制作
第4回 5月 8日(火)  〃
第5回 5月15日(火)  〃
第6回 5月22日(火) 基本編(楷書・行書・草書・隷書・金文)
第7回 5月29日(火)  〃
第8回 6月 5日(火) 創作作品制作
第9回 6月12日(火)  〃
第10回 6月19日(火)  〃
第11回 6月26日(火) 基本編(楷書・行書・草書・隷書・金文)
第12回 7月 3日(火)  〃
第13回 7月10日(火) 創作作品制作
第14回 7月17日(火)  〃
第15回 8月21日(火)  〃
第16回 9月11日(火)  〃
講師猪飼 和喜夫 元滋賀文教短期大学 国文学科 非常勤講師 、 一般法人毎日書道会審査会員
時間Aクラス  12:55~14:25
Bクラス  14:35~16:05
定員Aクラス 15名
Bクラス 15名  
会場滋賀文教短期大学 実習館3階 第一書道実習室
受講料各クラス 12,000円  
申込方法はがき又はFAXにて
1.講座名(クラス名も) 
2.氏名(フリガナ)
3.性別
4.郵便番号
5.住所
6.電話番号 を明記してください。
※お電話での申込受付は行っておりません。
申込締切日4月6日(金)
備考書道用具は各自準備してください。申し出があれば斡旋します。
両方のクラスには受講いただけませんのでご了承ください。

書道講座 -基本と作品制作- 秋学期

基本(楷書・智永の千字文)(行書・集字聖教序・王羲之)・(草書・懐素の千字文)(隷書・張遷碑)に加え、篆書で四字熟語作品を書くことに取り組みます。中国の文学史に名を連ねた漢詩を題材にして創作作品を創ります。(作品サイズは色紙~半切程度)

▼ 日程及びテーマ
  回    月  日テーマ
第1回  9月25日(火) 基本編(楷書・行書・草書・隷書・金文)
第2回 10月 2日(火)  〃
第3回 10月 9日(火) 創作作品制作
第4回 10月16日(火)  〃
第5回 10月23日(火)  〃
第6回 10月30日(火) 基本編(楷書・行書・草書・隷書・金文)
第7回 11月 6日(火)  〃
第8回 11月13日(火) 創作作品制作
第9回 11月20日(火)  〃
第10回 11月27日(火)  〃
第11回 12月 4日(火) 基本編(楷書・行書・草書・隷書・金文)
第12回 12月11日(火)  〃
第13回  1月15日(火) 創作作品制作
第14回  1月22日(火)  〃
第15回  2月19日(火)  〃
第16回  3月19日(火)  〃
講師猪飼 和喜夫 元滋賀文教短期大学 国文学科 非常勤講師 、 一般法人毎日書道会審査会員
時間Aクラス  12:55~14:25
Bクラス  14:35~16:05
定員Aクラス 15名
Bクラス 15名  
会場滋賀文教短期大学 実習館3階 第一書道実習室
受講料各クラス 12,000円  
申込方法はがき又はFAXにて
1.講座名(クラス名も) 
2.氏名(フリガナ)
3.性別
4.郵便番号
5.住所
6.電話番号 を明記してください。
※お電話での申込受付は行っておりません。
申込締切日9月14日(金)
備考書道用具は各自準備してください。申し出があれば斡旋します。
両方のクラスには受講いただけませんのでご了承ください。

水彩画講座 -身近なものを絵にしましょう-春学期

初めての方や不慣れな方は基礎的なことから、経験のある方は基本や応用をもとにして作品制作を、それぞれの進め方に合わせてやっていきましょう。

▼ 日程及びテーマ
  回    月  日テーマ
第1回 4月18日(水) 自由題①(果物など)
第2回 4月25日(水)     〃
第3回 5月 9日(水) 自由題②(野菜など)
第4回 5月16日(水)    〃
第5回 6月13日(水) スケッチに出かける
第6回 6月20日(水)    〃
第7回 7月11日(水) 自由題③(花など)
第8回 7月18日(水)    〃
講師那須 善之 元滋賀文教短期大学 子ども学科 非常勤講師
時間13:30~15:30
定員20名
会場滋賀文教短期大学 実習館3階美術室
受講料6,500円
申込方法はがき又はFAXにて
1.講座名
2.氏名(フリガナ)
3.性別
4.郵便番号
5.住所
6.電話番号 を明記してください。
※お電話での申込受付は行っておりません。
申込締切日4月11日(水)
備考 準備物
○描画材料・用具は各自ご用意ください。
一度試みにやってみたい方は、文房具店などにある学童用の物でよろしいので、水彩えのぐ12色セット、折りたたみ式パレット、絵筆丸筆大(8号)・中(6号)・小(2号)各1本、幅2~3センチのハケ1本、鉛筆B・2B各1本、消しゴム、水彩紙(できれば厚いもの)のスケッチブック(大きさ6号サイズ)1冊をご用意ください。
これから続けてやりたい方は、画材店で透明水彩えのぐセット、また絵筆もやわらくてまとまりやすい少しよい質のものをご用意されるとよいです。(申し出があれば斡旋します。)
○できればカメラをご持参ください。果物などを1~2週間おいてから描くので、色など変わってしまうことがあります。写真に撮っておくとよいと思います。

☆「自由題」とは各自が描きたい物を用意したり、写真などをもとに絵にすることです。(   )内の物は若干用意します。
☆学年度末(平成31年3月頃)に水彩画講座作品展を開催する予定です。出品は自由としますが、ぜひご参加ください。

水彩画講座 -身近なものを絵にしましょう-秋学期

初めての方や不慣れな方は基礎的なことから、経験のある方は基本や応用をもとにして作品制作を、それぞれの進め方に合わせてやっていきましょう。

▼ 日程及びテーマ
  回    月  日テーマ
第1回  9月19日(水) 自由題①(果物など)
第2回  9月26日(水)     〃
第3回 10月10日(水) 自由題②(野菜など)
第4回 10月17日(水)    〃
第5回 11月 7日(水) スケッチに出かける
第6回 11月14日(水)    〃
第7回 12月 5日(水) 自由題③(花など)
第8回 12月12日(水)    〃
第9回   1月 9日(水) 自由題④(静物など)
第10回  1月16日(水)    〃
第11回  2月 6日(水) 自由題⑤(器物など)
第12回  2月13日(水)    〃
講師那須 善之 元滋賀文教短期大学 子ども学科 非常勤講師
時間13:30~15:30
定員20名
会場滋賀文教短期大学 実習館3階美術室
受講料10,000円
申込方法はがき又はFAXにて
1.講座名
2.氏名(フリガナ)
3.性別
4.郵便番号
5.住所
6.電話番号 を明記してください。
※お電話での申込受付は行っておりません。
申込締切日9月12日(水)
備考 準備物
○描画材料・用具は各自ご用意ください。
一度試みにやってみたい方は、文房具店などにある学童用の物でよろしいので、水彩えのぐ12色セット、折りたたみ式パレット、絵筆丸筆大(8号)・中(6号)・小(2号)各1本、幅2~3センチのハケ1本、鉛筆B・2B各1本、消しゴム、水彩紙(できれば厚いもの)のスケッチブック(大きさ6号サイズ)1冊をご用意ください。
これから続けてやりたい方は、画材店で透明水彩えのぐセット、また絵筆もやわらくてまとまりやすい少しよい質のものをご用意されるとよいです。(申し出があれば斡旋します。)
○できればカメラをご持参ください。果物などを1~2週間おいてから描くので、色など変わってしまうことがあります。写真に撮っておくとよいと思います。

☆「自由題」とは各自が描きたい物を用意したり、写真などをもとに絵にすることです。(   )内の物は若干用意します。
☆学年度末(平成31年3月頃)に水彩画講座作品展を開催する予定です。出品は自由としますが、ぜひご参加ください。

ボランティア養成講座

みなさんが長年培ってこられた豊かな経験や知識に加え、福祉やボランティアに関する基本的な技術や知識を学ぶことにより、地域社会を支えるボランティア活動などに参加するきっかけをつくる「ボランティア養成講座」を開催します。

おもな対象者定年退職を控えた方、定年退職された方及び高齢者の方でボランティア活動に関心がある方、ボランティア活動を始めてみたい方。


▼ 日程及びテーマ
  月  日テーマ講師内容
第1回 6月27日(水)子どもとふれあう手遊び 歌遊び子ども学科 准教授 藤井美津子いろいろな手遊びや歌遊びを覚えて、
場に応じた効果的な使い方を学びます。
第2回 7月25日(水)現場で使えるパネルシアター子ども学科 教授  大橋英子パネルシアターを作って、子どもが
夢中になる演出方法を学びます。
第3回 8月22日(水)レクリエーションの実践子ども学科 教授 松本文夫レクリエーション活動を実践しながら
学びます。
第4回 9月26日(水)人と人をつなぐわらべうた
~楽器の音色を重ねよう~
子ども学科 講師   中村 愛わらべうたで遊びながら、歌詞を
作ったり、楽器の音色を重ねたり
します。オリジナルの演奏で音楽
表現を楽しみましょう。
第5回10月31日(水)大人から子どもたちへ
 こころに届ける「読み聞かせ」
国文学科 講師 細田あかね
子どもたちに絵本に託してメッセージ
を伝える読み聞かせの方法を学びます。
絵本の紹介や読み聞かせも行います。
第6回11月28日(水)学校の中に図書館がある意味国文学科 教授 平井むつみ学校の中で学習センター、情報センター、
読書センターとしての役割を担っている
学校図書館のあるべき姿を考えます。
時間13:30~15:30
定員各回20名
会場滋賀文教短期大学 実習館1階 湖国カルチャーセンター
受講料無料
申込方法はがき又はFAXにて
1.受講希望の講座テーマ
2.氏名(フリガナ)
3.性別
4.年齢
5.郵便番号
6.住所
7.電話番号を 明記してください。
※お電話での申込受付は行っておりません。
申込締切日各回開始の2週間前までにお申し込みください