文字サイズ

滋賀文教短期大学

大学紹介

教育目標・教育方針(3つのポリシー)

1.滋賀文教短期大学 3つのポリシー

学位授与の方針(ディプロマポリシー:DP)

 「学位授与の方針」とは、卒業までにどのような能力や態度を身につければ、卒業を認定し学位を授与するのかという方針を定めたものです。
 滋賀文教短期大学は、各学科が定める必要単位を修得し、次の能力を備えていると認定した学生に学位を授与します。
  • 建学の精神に則り、卒業後も努力・向上し歩んでいける
  • 高い教養と実際に則した専門的な技術・知識を身につけている
  • 豊かな情操をもち、社会に貢献できる

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー:CP)

 「教育課程編成・実施の方針」とは、「学位授与の方針」を達成するために、どのようなカリキュラムを編成し、実施していくのかという方針を定めたものです。
 滋賀文教短期大学は、学生が学位授与の方針に示されている要件を達成できるように、次の方針に基づきカリキュラムを編成します。
  • 社会生活を営むうえで必要となる広い教養を身につけるために、教養科目を設置する
  • 各学科の教育目的・目標に則した専門的な技術・知識を身につけるために、専門科目を設置する
  • 学修に関する基礎的な知識や態度などを身につけるために、初年次教育科目を1年次春学期の必修科目とする

入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー:AP)

 本学は、身につけた専門知識や技術を生かして社会に貢献できる人材を養成することを使命としています。そのために、学科を問わず、建学の精神である「「知育・徳育・体育」の鼎立と調和の取れた人間形成」を理解し、学訓の「信義・至誠・質実・温和・漸進」に基づいた学修行動を取れることが必要です。本学を志望する方には、これを基礎として、各学科のアドミッション・ポリシーが示す力や、学修のための意欲・基礎学力・習慣を身につけていることを期待しています。
 そのような方を広く求めるために多様な入試を設けています。各入試で選考方法は異なりますが、建学の精神や入学者受け入れの方針等との合致性、学力の三要素((1)知識・技能、(2)思考力・判断力・表現力、(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)を多面的・総合的にはかることを重視し、全ての入試において面接や面談を実施します。

2.学科の「教育目的」「教育目標」「3つのポリシー」「学修成果」

国文学科「教育目的」「教育目標」「3つのポリシー」「学修成果」

【教育目的】
 国文学科は「日本文学・文化及び日本語についての幅広い知識と教養を身につけ、自立した社会人として現代社会に貢献できる人材の育成」を教育目的とする。

【教育目標】
◇日本文学・文化及び日本語に関わる幅広い知識と教養を身につける
◇日本文学・文化及び日本語を学ぶことにより、深い思考力と豊かな表現力を身につける
◇課題を見つけ、解決するために必要な情報を獲得・分析する力を身につける
◇自立した社会人として積極的に社会に貢献できる力を身につける

日本文学コース
【学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)】
DP1日本文学・文化及び日本語についての専門的な知識と理解力を身につけている
DP2適切な日本語の表現力を身につけ、自らの考えや意見を的確に表現することのできる力を身につけている
DP3学びの中から課題を見つけ出し、自ら解決に導くための必要な能力を身につけている
DP4身につけた幅広い知識や教養及び発信力をもとに、自立した社会人としての責任を自覚し、社会に進んで参画・貢献できる力を身につけている

【教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)】
CP11年次においては、基礎的な知識を習得することに重点を置いた科目を設置する
CP22年次においては、専門的な知見と実践力を養うことに重点を置いた科目を設置する
CP3社会で必要とされる、課題発見・解決力、コミュニケーション力、主体性、協調性を育成するための必修科目を設置する
CP4現代社会に広く貢献できる人材を育成するため図書館司書資格に関する科目を設置する

【入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー:AP)】
AP1基礎的な日本語能力を身につけている人
AP2日本文学・文化及び日本語に関心を持ち、幅広い知識や教養を身につけたい人                 
AP3自らの考えを的確に表現する力を身につけたい人
AP4課題を見つけ、自ら課題を解決する力を身につけたい人
AP5本学で得た知識や教養を生かして社会に貢献したい人

【学修成果】
学1 日本文学・文化及び日本語に関する知識
学2 考えや意見を発信できる力
学3 状況を把握できる基礎的な力
学4 課題を解決するための基礎的な力
学5 他者と協働するための基礎的な力
学6 自ら学び続ける意欲や態度

留学生課程
【学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)】
DP1日本文学・文化及び日本語についての知識と理解力を身につけている
DP2自らの考えや意見を表現する意欲を持ち、積極的に異文化交流できる力を身につけている
DP3自ら学習課題を見つけ出し、解決するための学習習慣を身につけている
DP4自立した社会人としての責任を自覚し、公共心や社会性を身につけている

【教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)】
CP1日本語の基礎的な知識を習得することに重点を置いた科目を設置する
CP2日本文学・文化を広く学ぶための科目を設置する
CP3社会で必要とされる、課題発見・解決力、コミュニケーション力、主体性、協調性を育成するための科目を設置する
CP4日本人学生と共に学び合うことで異文化交流ができる、課題解決型学習の科目を設置する
CP5公共心や社会性を養うために、日本の社会や生活習慣を学ぶ科目を設置する

【入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー:AP)】
AP1日本文学・文化及び日本語に関する学習意欲を持ち、入学までに基礎的な日本語能力を習得している人
AP2日本文学・文化及び日本語に関心を持ち、幅広い知識や教養を身につけたい人
AP3日本語で自らの考えを積極的に表現する力を身につけたい人
AP4学習や生活に関する課題を見つけ、自ら課題を解決する力を身につけたい人
AP5本学で得た知識や教養を生かして社会に貢献したい人
AP6日本人や日本社会と積極的に異文化交流したい人

【学修成果】
学1 日本文学・文化及び日本語に関する知識
学2 考えや意見を発信できる力
学3 状況を把握できる基礎的な力
学4 課題を解決するための基礎的な力
学5 他者と協働するための基礎的な力
学6 自ら学び続ける意欲や態度

子ども学科「教育目的」「教育目標」「3つのポリシー」「学修成果」

【教育目的】
 子ども学科は「幅広い知見と豊かな教養を備え、子どもに関わる専門的な知識・技能と実践力を修得し、向上心や探究心をもって保育・教育の分野に広く携わることのできる人材の育成」を教育目的とする。

【教育目標】
◇子どもに関わる専門的な知識・技能と実践力を身につける
◇子どもの内面理解に努め、子どもたちとかかわることのできる能力を身につける
◇保育者・教育者としての社会的使命感、倫理観を身につける
◇他者と良好な人間関係を構築する能力を身につける
◇向上心や探究心をもって、教育に関する課題を解決できる能力を身につける

保育士養成コース
【学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)】
DP1保育・幼児教育に関わる専門的な知識・技能と実践力を身につけている
DP2一人一人の子どもの発達や特性を理解し、共感できる力を身につけている
DP3保育への使命感と倫理観をもち、豊かな人間性や社会性、コミュニケーション能力を身につけている
DP4生涯学び続け、主体的に行動することができる汎用的能力を身につけている

【教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)】
CP1保育・幼児教育に関わる専門的な知識・技能と実践力を身につけるための科目を設置する
CP2子どもの発達や特性の理解を深めるための科目を設置する
CP3子どもに共感できる力やかかわることのできる力を育むための科目を設置する
CP4保育・幼児教育の目的と意義を理解し、社会的使命感・倫理観を涵養するための科目を設置する
CP5コミュニケーション能力を涵養するための科目を設置する
CP6学び続けることのできる力や主体性、課題解決力を涵養するための科目を設置する

【入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー:AP)】
AP1保育・幼児教育の学びに意欲と関心を持つ人
AP2子どもや他者に対する愛情を持つ人
AP3倫理観や基本的生活習慣を持つ人
AP4コミュニケーション力を持つ人
AP5保育・幼児教育の分野で積極的に社会貢献しようとする意欲を持つ人                  

【学修成果】
学1 保育・幼児教育に関する知識・技能
学2 保育・幼児教育に関する使命感や倫理観
学3 状況を把握できる基礎的な力
学4 課題を解決するための基礎的な力
学5 他者と協働するための基礎的な力
学6 自ら学び続ける意欲や態度

小学校教諭養成コース
【学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)】
DP1教員としての基礎的・基本的な学力と専門的な知識・技能修得に向けて学び続ける実践力を身につけている
DP2子どもや子どもを取り巻く状況を理解し、教育的愛情を持って子どもに接していこうとする態度を身につけている
DP3教育への使命感と倫理観をもち、感性を磨き豊かな人間性や社会性、コミュニケーション能力を身につけている
DP4主体的に学び続け、他者と共に協働して課題解決に取り組んでいこうとする能力を身につけている

【教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)】
CP1学習指導要領に示された目標や内容を理解し、授業を行う実践力を身につけるための科目を設置する
CP2児童の心身の発達や学習の過程について、心理的・発達的な特性を踏まえた指導の基礎となる科目を設置する
CP3児童の教育的課題を適切に捉え、支援することのできる力を育むための科目を設置する
CP4小学校教育の目的と意義を理解し、社会的使命感・倫理観を涵養するための科目を設置する
CP5主体的・対話的な深い学びをとおして、コミュニケーション能力を涵養するための科目を設置する
CP6実習を核とし地域と連携した体験などを取り入れ、他者と協働して課題解決に取り組む力を身につけるための科目を設置する

【入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー:AP)】
AP1小学校教育の学びに意欲と関心を持つ人
AP2子どもや他者に対する愛情を持つ人
AP3倫理観や基本的生活習慣を持つ人
AP4コミュニケーション力を持つ人
AP5教育の分野で積極的に社会貢献しようとする意欲を持つ人             

【学修成果】
学1 小学校教育に関する知識・技能
学2 小学校教育に関する使命感や倫理観
学3 状況を把握できる基礎的な力
学4 課題を解決するための基礎的な力
学5 他者と協働するための基礎的な力
学6 自ら学び続ける意欲や態度