文字サイズ

子ども学科

子ども学科

保育士養成コース

未来を担う子供たちと関わり、ともに成長する
 保育知識だけでなく、人とかかわることで身につくコミュニケ―ション力、
子どもを楽しませる創造力や企画力を身につけ、心豊かな保育士、幼稚園教諭を目指します。

授業紹介

「児童家庭福祉」

現代の社会状況をふまえ児童家庭福祉の意義と保育とのかかわりについて学びます。また、児童虐待の課題についても理解を深め、課題の解決に向けた支援ができるよう実践力を身につけます。
児童家庭福祉

「保育実習」「教育実習」

専門的な倫理と技術を学び、それを実際に生かすために実習を経験します。
子どもたちに関わりながら乳幼児への理解を深めていったり、ピアノ、歌、絵本などの習得した技術を実際の現場で活用していきます。
保育実習

「子どもの保健」

子ども自身が能力を十分に発揮できるように、発育・発達のほか、子どものかかりやすい病気や予防などについて学んでいきます。病気予防のための対応について理解を深めます。
子どもの保健

「保育の心理学」

保育の実践に関わる基礎的な心理学的知識を修得し、子どもへの理解を深めます。子どもの発達のプロセスや特徴、初期経験の重要性などを学び、子どもの発達を理解していきます。
保育の心理学

時間割 例

春学期

1
生活科概論
基礎力プログラムⅠ
教職概論
保育原理
2
図画工作Ⅰ
教育制度論

社会福祉
器楽入門
昼 食
3
保育内容(表現)
役立つ文章表現
健康とスポーツ
子どもの保健Ⅰ
幼児理解と援助
4
保育の心理学Ⅰ
くらしと地域
健康とスポーツ
保育内容(言葉)

5
算数科概論
児童家庭福祉
情報とコンピュータ

秋学期

1
教育実習指導(幼)
保育内容総論
基礎力プログラムⅡ
社会的養護
保育実習指導Ⅰ
2
音楽Ⅰ(器楽)
子どもの保健Ⅱ
キャリアデザイン

昼 食
3
保育内容(環境)
乳児保育
体育Ⅰ
言語表現
音楽Ⅰ(器楽)
4
ビジネスマナー
音楽表現
子どもの保健Ⅲ
教育心理学
5
国語科概論
施設実習指導
教育原理

子ども学科授業科目一覧

■教養科目
●基礎力プログラムⅠ(初年次教育)●基礎力プログラムⅡ●基礎力プログラムⅢ●基礎力プログラムⅣ●健康とスポーツ●生命と人間●役立つ文章表現●英語コミュニケーション●湖北の歴史と民俗文化●ジェンダー論●情報とコンピュータ●くらしと地域●くらしと政治●キャリアデザイン●ビジネスマナー
■専門科目(教科に関する専門科目)
●国語科概論●社会科概論●算数科概論●理科概論●生活科概論●家庭科概論●器楽入門●音楽Ⅰ(器楽)●音楽Ⅱ(音楽表現法)●音楽Ⅲ●音楽Ⅳ(器楽)●図画工作Ⅰ●図画工作Ⅱ●体育Ⅰ●体育Ⅱ●教育情報処理●児童文学
■専門科目(教職に関する専門科目)
●教職概論●教育原理●教育心理学●教育制度論●教育課程論●国語科教育法●社会科教育法●算数科教育法●理科教育法●生活科教育法●家庭科教育法●音楽科教育法●図画工作科教育法●体育科教育法●道徳教育の研究●特別活動の研究●教育方法の研究●保育課程論●保育内容総論●保育内容(健康)●保育内容(人間関係)●保育内容(環境)●保育内容(言葉)●保育内容(表現)●生徒指導の研究(進路指導を含む)●教育相談●幼児理解と援助●保育相談●教職実践演習(幼・小)●教育実習指導(小)●教育実習指導(幼)●教育実習Ⅱ●日本国憲法●人権教育
■専門科目(保育に関する専門科目)
●社会福祉●相談援助●児童家庭福祉●カウンセリングマインド研究●保育原理●社会的養護●保育者論●保育の心理学Ⅰ●保育の心理学Ⅱ●子どもの保健Ⅰ●子どもの保健Ⅱ●子どもの保健Ⅲ●子どもの食と栄養●家庭支援論●乳児保育●障害児保育●社会的養護内容●音楽表現●造形表現●身体表現●言語表現●保育実習指導Ⅰ●保育実習指導Ⅱ●施設実習指導●保育実習Ⅰ●施設実習●保育実習Ⅱ●保育実践演習
■司書教諭の資格に関する科目
●学校経営と学校図書館●学校図書館メディアの構成●学習指導と学校図書館●読書と豊かな人間性●情報メディアの活用
シラバス