文字サイズ

文教SMILEブログ

ブログ

ボランティア養成講座【学校図書館の基本を学びませんか】を開催いたしました。

その他
こんにちは。国文学科 司書・司書教諭課程担当の平井です。
6月から開催されていた全6回の「ボランティア養成講座」の最終回「学校図書館の基本を学びませんか」を11月22日(水)に実施しました。
今回は、小学校、中学校、高等学校の学校図書館にボランティアに行ってみようかな、という方にむけての講座でした。
どの学校にも必ず図書館があるの? 学校の中に何故図書館があるの? どんな役割を期待されているの? 学校図書館にはどんな人たちが働いているの? など、学校図書館の基本的な知識から始めて、図書館の本はどのように並べられているのか、図書館の本に貼ってあるラベルの数字や文字は何を著しているのか、など、実際に図書館で活動する際に役に立つ事柄についてお話をしました。



日本のほとんどの図書館では、本の内容を数字で表して、それを本の背には貼ってあるラベルに記載しています。そして、その番号を決めるのに『日本十進分類法』を使っています。講座の後半では、実際にこの『日本十進分類法』を使って分類の実習もしていただきました。すでに学校図書館でボランティアをなさっておられる方もおられたようですが、実際に『日本十進分類法』を使っての作業に興味を持って取り組んでいただきました。



学校図書館館はボランティアを必要としています。機会があれば、その活動に活かしていただければ、と思っています。
最後に、このボランティア養成講座全体をとおして出席良好の方々に、修了証書をお渡しいたしました。
皆さん、とても熱心に受講して下さり感謝しています。



次年度もボランティア養成講座を計画しています。詳細については、3月下旬ごろから
随時ホームページ等をとおしてお知らせします。